「30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド」読書会

中学校で3年間、高校で3年間、大学でも2年くらい?

塾も行ったし、英会話学校にも行った。そういえば、某ゴルファーが宣伝しているなんとかラーニングもやった。

でも。。。やっぱり英語ができない。。。

これ、私(ファシリテーター 小西イサオ)のことです。

「30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド」読書会

でもきっと、あなたもこんな感じではないでしょうか?

でも、これまで何度も英語に挫折した人が、英語を楽しく学んでいる方法があるのです。

しかも、ちゃんと成果が出ているのです。

それが、英語と北京語はプライベートレッスンをするほどのラテン系関西人、新条正恵さんがあみだした、マルチリンガルメソッド。

新条さんは、外資系銀行でキャリアを積み、外国の美味しいものを食べたいという単純な動機で8ヶ国語をしゃべれるようになったパワフルな人。

そして、自分が試行錯誤したその方法を、他の人に伝えたところ、短期間で英語ができるようになる人が現れ、口コミに。

さらに、その方法をまとめた本、「30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド」は、初出版にもかかわらず、発売2日目で重版が決まり、発売3日目にはAmazon3部門1位、大手書店でもベストセラーランクインが続いています。

ところで、英語を勉強するというと、毎日60分は机に向かわないととか、興味がない単語を必死になって覚えるとか、とにかく苦しいイメージがありませんか?

でも、このマルチリンガルメソッドは、とにかくゆるい。

しかも、安い(ここ重要!)。

その気になれば、この本一冊と付録でついている特典音声をダウンロードするだけで勉強できてしまえます。

今回の読書会は、著者である新条さんの読書会に参加して、それ以来、練習し続けているファシリテーター 小西イサオが主催します。(まだ、そんなに英語はできませんので、悪しからず)

30日後、あなたは、アメリカの大学でMBAも目指せるかも。。。と言いたいところですが、さすがにそんなに甘くはありません。

この本では、まずは、英語圏の4歳児レベルを目指します。

なぜ4歳児か?

日本人を見てもわかるように、4歳にもなれば、自分の意思を相手に伝え、相手の言いたいことがある程度分かります。

つまり、コミュニケーションが取れるようになるということ。

英語への苦手意識、ブロックが外れるということ。

そうなれば、後は自分で英語が学べるのです。

スポーツでも芸術でも、未経験者から入門者レベルになるところが一番ハードルが高いもの。

ボーゲンができずにスキーを断念した人はいませんか?

バイエルが習得できずにピアノをやめた人はいませんか?

でも、そんな基本的なことができるようになれば、後は楽しくて、どんどんうまくなりますよね。

この読書会は、英語が得意な人、しゃべれる人が来る読書会ではありません。

むしろ、英語が苦手な人に来て欲しい。

私と同じく、英語は苦手だけど、できるようになるといいなあと思う人にきて欲しい。

あなたは、今のまま、英語ができない人生でいいですか?

英語が使えれば、世界が広がります。
おもしろい本やWebサイト、テレビ、映画、友達などが待っています。

もちろん、ビジネスや仕事に活かせます。

さあ、英語が苦手なあなた、今すぐ申し込みボタンをクリックしてください。
私と一緒に英語を学びましょう。

なお、この読書会のファシリテーターは、まだマルチリンガルメソッドを実践中なので、英語を一緒に学びましょうという主旨の読書会です。
少し先に学び始めたので、これまでなんとかラーニングや英会話スクールなどで挫折した経験、マルチリンガルメソッドで学んでいる経験、新条さんとのやりとりで知ったことをお伝えできると思いますが、英語自体を伝えられるほどの実力はありませんので、ご了承ください。

日時:2016年5月1日(日)13:30から15:30(多少延長する可能性あり)
会場:朝霧カルチャー教室(明石市朝霧南町1-180-1 リードサザンビル3F、JR朝霧駅徒歩1分) JR三宮から25分。
参加費:3,000円
持ち物:課題本「30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド」、筆記用具、カラーペン(カラーペンはなくてもOKです)
定員:先着12人
ファシリテーター:リーディングファシリテーター 小西イサオ

※著者の新条正恵さんは、参加されませんのでご注意ください。

申し込みは下記まで。

https://www.facebook.com/events/1563047514008786/
もしくは
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=2065

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ