9/19@神戸  「グーグルのマインドフルネス革命」読書会&マインドフルネス体験会

この読書会&体験会の内容をズバリお伝えすると、「google社も採用している東洋の智慧(マインドフルネス)」で幸せになるための体験講座です。

GoogleやIntel、SAP、Facebookなど世界の最先端企業が人材開発の一環として採用している「マインドフルネス」。マインドフルネスは、今ここの現実に、判断をせずに気づく方法です。

マインドフルネスを訓練することで、ストレスの軽減、生産性の向上、リーダシップ能力の向上、創造性の活性化など、素晴らしい効果が見られるようになります。

このマインドフルネスをGoogleがまとめた書籍「サーチ!富と幸福を高める自己検索メソッド」は、素晴らしい本でしたが、絶版になってしまいました。

今回は、この本に続く書籍ともいうべき「グーグルのマインドフルネス革命」をベースに、本をほとんど読まない不思議な読書をしながら、マインドフルネスを体験して頂きます。

瞑想の経験がない人や本を読むのが苦手な方でも心配ありません。

◆◆◆重要なポイントは3つです◆◆◆

① 仏教や坐禅といった手法から宗教色を取り除き、アメリカの大学教授やgoogle社が科学的、合理的にその仕組みや方法をまとめた「マインドフルネス」という方法を紹介します。
②一般のマインドフルネス講座や書籍では教えない、より「マインドフルネス」が理解しやすくなる概念をお伝えします。
③ただし、この一回だけですぐに幸せになれるかというと、残念ながらそうではありません。でも、シンプルな方法を毎日2分実践するだけで、確実に幸せに近づきます。

◆◆グーグルのマインドフルネス革命―グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス 目次◆◆

第一部 グーグルにおけるマインドフルネスの取り組み――グーグル人材開発部門 ビル・ドウェイン氏インタビュー
■第一章 はじめに
■第二章 マインドフルネスとは何か?
■第三章 マインドフルネスの効用と仕組み
■第四章 グーグルがマインドフルネスに取り組んでいる理由
■第五章 マインドフルネスが宗教性を排除した理由
■第六章 マインドフルネスがビジネスに与えた影響

第二部 マインドフルネスの実践と未来
■第七章 マインドフルネススタートガイド
■第八章 ヘッドスペース アンディー・プディコム氏とビル・ドウェイン氏による瞑想ガイダンスと瞑想Q&A
■第九章 ビル・ドウェイン氏からのメッセージ―マインドフルネスは社会とつながっている
■第十章 日本でマインドフルな生き方をするために
■解 説 越川房子

●ファシリテーター 小西勲●
NPO法人人間性探究研究所 マインドフルネス瞑想8週間プログラム修了
心のトリセツ研究所 マインドフルネス マスターコース修了
一般社団法人行動イノベーション協会 認定講師
応用DNAシータヒーリング・プラクティショナー
一般社団法人Read For Action協会公認 リーディングファシリテーター

日時 9月19日(土)13:30〜16:30
場所 JR神戸駅近く(詳細は参加者に直接お知らせいたします)
参加費 3,000円
持ち物:課題本「グーグルのマインドフルネス革命」、カラーペン
定員 9名(先着順)
※ファシリテーターを含めて参加者が9名になっていれば満員です。

<お申込み方法>
Facebookイベントの参加ボタンを押してください。

https://www.facebook.com/events/858010147610207/

下記からもお申し込みいただけます。

http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1554

 

1013635_784951491622184_8828331472846228545_n

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ