苦手な人に意見する方法

こんにちは、マインドフルネスを中心に人生を幸せに過ごすための
情報をお届けしているKONです。

最近、100円ショップに行って、気づいたことがあります。
青竹踏みが売ってないんです。

知ってます?青竹踏み。足裏のツボを刺激する健康グッズです。
いつから無くなったんでしょうか。

この前から、ふと青竹踏みが欲しくなって、ダイソーやセリアなどで
探しているのですが、売ってません。

昔はあったと思うんだけどなあ。もう、青竹踏みの時代は終わったのでしょうか?

苦手な人に意見する方法

そういえば、この前、面白い体験をしました。

ある知人なんですが、なかなかズバズバとモノを言う性格で、
結構、厳しい人がいます。

悪い人ではないのですが、正直苦手な人だったのです。

その人から先日、かなり久しぶりに連絡がありました。
でも、その人にミスがあり、私に必要な情報が来ていなかったんですね。

キチンとした性格の人なので、珍しいことなのです。
まあ、どうでもいい情報なら私も放っておくのですが、
今回の内容は、金銭にも関わることで、かなり重要な情報です。

マインドフルネスを学ぶ前なら、それを指摘するのをどう言おうか、
あれこれと考えながら、できるだけ差し障りがないように言ってたと思います。

また、それを考えて、伝えるべきか自分がガマンしておくべきか、
迷う間も気持ちがいいものではありません。

でも、今回は、そういった気持ちが出てきた時点で、
あ、自分はあの人が苦手だと思っている。変なことを言うと逆に文句を言われる
かも知れないと、起こってもいないことを心配していると、
気づくことができました。

そして、そんな自分の感情をかなり第三者的に観察することができました。

結果的に、やはりこれは、ミスを指摘しておかないと、
その人のためにもならないし、同じ失敗をされて、何か損害が出ると
いけないと考えました。

で、伝え方はできるだけ、角が立たないように、でも、ミスはミスとして
同じ失敗をしないように指摘するよう伝えてみました。

こういうのを専門用語ではアサーティブといいます。

そうすると、相手の方も素直にミスを認めて、
これからは気をつけますとの返事をもらいました。

当たり前といえば当たり前ですが、
わけもなく機嫌が悪い人やいつも怒っている人などには、
なかなか気を使って、言い出しにくいことってあると思います。

そういう、少し気の弱い、いい人にこそ、マインドフルネスを役立ててほしいなあと
思った一件でした。

あなたの人生が幸せでありますように。

では、マインドフルネスでしあわせな毎日を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ