静寂の音とマインドフルネス

マインドフルネスを実践するには、注意力を高めていくことが必要です。
静寂の音とマインドフルネス

そのために、有効なのが坐禅やマインドフルネス瞑想と呼ばれるものです。厳密にいえば坐禅と瞑想は別のものですが、ここでは同義として取り扱います。

できるだけ、邪魔が入らない、静かな場所で、瞑想を始めます。

マインドフルな状態になり、静かに座っていると、マインドトークに翻弄されず、静かな心持ちになってきます。ゆっくりとリラックスした状態になってきます。

その時、マンガでよくある「シーン」という音が聞こえることがあります。周りは静かで実際に音が鳴っているわけではありません。この音が聞こえるのは、しっかりと瞑想ができている証拠です。

頭がおかしくなってしまったわけではないので、安心してください。ただし、この音をまた聴きたいと、囚われてはいけません。聞こえてもよし、聞こえなくてもよし位の気持ちでいると良いでしょう。

では、今日もマインドフルネスでしあわせな毎日を!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ