限界を乗り越えて人生を賭ける

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

限界を乗り越えて人生を賭ける

大阪。とあるビルの地下会議室。

会場には40人くらいの男性が集まっている。

女性もいるが、数人といったところ。

20代くらいの若者と50代前後の年齢層に分かれる。

30代40代は、ここにくる気力もないのか?

ここは、ある事業のノウハウを教えてくれるというセミナー会場。

先生以外にもすでにその事業にチャレンジして、うまくいっている人が数人来ており、話を聞かせてくれた。

彼らの話を聞いて気づいたことがひとつ。

みんな、悲惨な体験をしているということ。

休みがない、長時間労働、過酷な仕事現場、安い給料。

そんなブラックな会社に勤めていた人ばかり。

中には5回ほど転職してすべてブラック企業だったという逆の意味で強運の持ち主もいた。

そして、彼らはみんな、こんなことではいけない。

自分でなんとかしなければ、とあれこれあがきまくっていた。

最初は楽に儲けようと、株やFX、アフィリエイトに手を出す。

必死に頑張るけど、いいカモにされる。

そして、最終的にはもっと堅実で、大儲けできないけど、努力がいるけど、手間がいるけど、頑張れば報われる仕事を見つけた。

ある人は、自営業をしていたけど、年々、右肩下りで、将来が見通せない。

自分が、スティーブ・ジョブズが亡くなった年になり、最後に人生をこれにかけようと、睡眠時間をそれまでの半分にして、自営業をしながら新しいことにチャレンジ。

その結果、最初は成果が出なかったけど、数け月頑張り続けて、ようやく先が見通せるようになったと。

今では、自営業がダメになっても十分食べていけるだけの自信がついたとのこと。

他の方もそう。

仕事をしながら、別のことも必死に頑張り、継続することで成果に結びついたと言います。

私は、そんなに大した成果は出せていませんが、やはり同じように思います。

本を出版した時、周りからはポッと、出版できたように思われていますが、二年間の準備期間がありました。

映画のワークショップも最近でこそ、定期的に共催していますが、実際にやるまでは数年間の準備がありました。

マインドフルネスの講座も3年くらいやってからようやくです。

その間は、コツコツと継続努力してきました。(努力と言っても楽しい努力ですが)

人は、すぐに成果が出るものに飛びつきがちですが、そんないい話はなかなかないと感じます。

<今日のポイント>
成果を出すには継続と(楽しい)努力。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ