間違いだらけの「あるがまま」

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

さて、今日はマインドフルネスとあるがままについての勘違いについてお伝えします。

間違いだらけの「あるがまま」

アナと雪の女王の大ヒットも記憶にあるところですが、最近は、あるがままとかありのままというのが一つのキーワードになっています。

マインドフルネスの訓練でも、自動思考に気づき、反応的に生きることは本来の自分ではないと体験的に理解していくことが大切です。

そして、本来の自分に従って、あるがままに生きることが幸福につながります。

今ここに生き、過去の後悔や将来の心配にとらわれることなく生きるのです。

しかし、勘違いしている人がいます。

例えば、あるがままということで、朝から晩までゲームをしたりテレビを見たり、ご飯もきちんと食べず、スナック菓子やファーストフード中心に済ましてしまう。

これが、自分にとって居心地がいいからといって、こんな生活をするのがあるがままかというと、これはちょっと違います。

学校に行くことや仕事に行くこと、家事をすることは、面倒だから、テレビを見たりゲームをしたりする。

これは、自動反応に囚われています。

家事をしたりするのは、面倒というマインドトークが出ていますね。

本当にそうでしょうか?

そこをしっかりと見据え、自動反応した時にそれに気づくことが大切です。

とはいっても、マインドフルネスの訓練をしていない人は、気づくことすらできません。

気づきを持つことができれば、その先に本当の自分が出てきます。

そして、あるがままに選択すればよいのです。

ファーストフードを食べている時、体の反応はどうでしょうか?本当に美味しいと思っていますか?刺激に中毒になっているだけではないでしょうか?

心の底から、眠りたいと思っているのであれば、それはかなり体が疲れている証拠。休息をとりましょう。

でも、エネルギーが満ちていれば、怠心は単なる自動反応だと気づくでしょう。

ぜひ、気づきのあるあるがままを生活に取り入れてください。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

■「メメント・モリ(死を想う)」読書会

ラテン語の言葉に「メメント・モリ」という有名なフレーズがあります。
直訳すると「死を想え」。

人間はいつか死ぬことを忘れずに生きろという意味です。

あなたも、より良く生きるために死について考えてみませんか?

ご参考までに、死の床にある人が後悔することベスト5をお知らせします。

・もっと自分らしく自由に生きればよかった
・働いてばかりいるんじゃなかった
・もっと自分の感情を表に出す勇気を持てばよかった
・友達と連絡を取り続けていればよかった
・もっと幸せになればよかった

ぜひ、ご参加下さい。

2015年11月23日(月・祝日) 13時30分~15時30分
場所 JR神戸駅近く(参加者に直接お伝えいたします)
参加費 3,000円
定員 先着10名様
申し込み方法 下記ページからお申込み下さい。
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1741

■著者 大平信孝さん参加『「続けられない自分」を変える本』読書会&ミニワークショップ

行動イノベーションの専門家、大平信孝さんが3冊目の本を出されることを記念して、大阪で大平さんご自身が参加しての読書会&ミニワークショップを行います。

「続けられない自分」から「続けられる自分」に変わるヒントがこの読書会につまっています。

この本のキモである、エモショーナルハビットを使い、あなたも「続けられる自分」になりましょう。

日時:12月8日(火)9:30ー11:30(開場 9:15)
場所:新大阪駅近く(参加者へ直接お知らせいたします)
定員:先着15名
参加費:5,000円
お申し込み:http://ptix.co/1PgJ6sn

■2016年を充実させる!時間術をマスターする読書会

2016年、もしあなたが時間を効率的に使えるあなたに変身できるとしたら?

もし、たった3時間で10冊近くの時間術の本の内容を知り、学べるとしたら?

時間管理の方法、物事の優先順位のつけ方、そして実行の方法など、時間術をテーマにした人生を充実させるための読書会を開きます。

日時:2016年1月10日(日)13:30-16:30
場所:JR神戸駅近く(参加者へ直接おしらせします)
定員:先着15名様
参加費:3000円
持ち物:時間術に関連した本(読んでこなくてOKです)1、2冊、カラーペン
ファシリテーター:一般社団法人Read For Action協会 認定リーディングファシリテーター 小西イサオ
ゲスト:最強仕事術認定コンサルタント 長島康敬
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1785

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ