苦悩から開放される方法なんてあるの?

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

苦悩から開放される方法なんてあるの?

今回は、「あきらめよう」という内容です。

え?あきらめたくないですか?

まあ、最後まで読んでください。持った湯飲みをバッタと落とし、小膝叩いてにっこり笑うことでしょう(あれ、これは浜村淳さんですね。関西の人以外分からないですね(笑))。

あなたには、あきらめたくないことがありますか?

理想の人と結婚すること?
憧れの職業につくこと?
スポーツで一番になること?

いろいろあると思います。

あるいは、もうあきらめてしまったかもしれません。

でも、もっと根源的なものはあきらめていないでしょう。

例えば、ご飯を食べること。

寝ること。

究極的には、生きること。

こういった、生きる上での根源的な欲求は、理性とは関係ないところから生まれてきます。

哲学者、ショーンペンハウアーは、こんな欲求を生への意志だと言いました。

一方で、あなたには何か悩みはありますか?

大小は別にして悩みがない人は、なかなかいないでしょう。

いくら理性で欲求を抑えたりやり過ごしたりしても、ショーンペンハウアーがいう生への意志までは、なかなか手放せません。

だから、仏教でいう生きること、老いること、病気、死ぬことが苦しみの種になるのでしょう。

この欲求は、限りがありません。

この悩みから解放されるには、どうすればいいか。

手放すことです。

マインドフルに受け止め、自動反応せず、自分ではどうにもならないことは手放すことです。

つまり、あきらめるのです。

後ろ向きなあきらめではなく、前向きなあきらめです。

自分でなんとかなるところは、努力すればよいでしょう。

でも、その結果には執着しないほうがいいですね。

前向きにあきらめて、できるところは頑張る。結果には執着しない。

これが、幸せの秘訣です。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

※しばらく充電期間に入ります。
この次の読書会やセミナーは、早くても11月以降です。

メルマガでセミナーや読書会のお知らせをしますので、ぜひご登録ください。
なお、PCメールのほうがオススメです。携帯メールはフィルタリングで届かないことが多いです。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ