神話だらけの新聞

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

神話だらけの新聞

今回は、新聞に取材されたり、本を出版してどんなことが変わったかをお伝えします。

いきなり結論から書くと、変わりません(笑)

なんだかすごいことが起きそうな気がするのは神話のようなもの。

夢のない話ですみません。

でもまあ、変わったこともありますので、そこも含めてお読みください。

動画の本を出版したのが、6月。

その本を使ったセミナーや著者参加の読書会をやったのが7月、8月。

そして、地元の新聞に記事が載ったのが8月下旬でした。

本を出版すると、すごい人になるようにイメージがありますよね。

でも、本人的には全く何も変わりませんでした。

これまで通りの日常です。

もちろん、たくさんの方からお祝いのメールやメッセージをいただきました。

日頃お付き合いしている方から、「遠くの人になったように思う」というような感想もたくさん頂きました。

読書会やセミナー、ボランティアで参加したイベントなどで自己紹介するときに、本を出しましたというと、皆さんの信用度が上がります。お、なんだかこの人はすごい人ではないかと。

新聞を読んだ親戚は、動画とかプロモーションとかは縁遠いので難しいことはよくわからないけど、なんだかすごそうなことはわかったと言ってました(笑)

日本人的ですね。雰囲気で感じるみたいな(笑)

でも、これってみんな、周りの人の受け止め方が変わっただけなんですね。

これまで、何名か著者を招いての読書会を開いてきました。

意外に著者さんって普通の人ばかりなんです。

もっと偉そうで、すごいオーラを放っているかと思いきや、意外に良い人で腰が低い。
もちろん、ある分野の知識はすごいですよ。

でも、人としては普通というか。いい人なんです。

そこで思ったことがあります。

行動すれば縁ができて道が開けることが良くあります。

それは、すごいと思っていた人に何かをお願いした時、こちらが勝手に断られるんじゃないかとか、怖い人だったらどうしようかと思い込んでいるだけなんですね。

成功している人は、周りと調和できるから成功できているのです。

だから、断られるにしても無茶な断られ方はしないでしょう。

カリスマとかその道のすごい人って、周りの人がそう思っている幻想なんですね。アイドルとかもそうですね。

そういえば、テレビの仕事をしていた時に、その道のすごい人に話を聞く機会が多くありましたが、みなさんいい方でした。

三浦雄一郎さんなんて、頼んでないのにサインくれましたし(笑)

有名人はとっつきにくい。これもマインドトークの一種なんでしょうね。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

■「最強のコピーライティングバイブル」でコピーの達人を目指す読書会

コストをできるだけかけずにPRするために文章力は、必須です。

ぜひ、コピーライティングの名著3冊のエッセンスを凝縮した「最強のコピーライティングバイブル」で学びましょう。

今回は、約2年にわたり、平日毎日約1000文字のブログ、週1回メルマガ1000文字から2000文字を書き続けている私のライティング方法もご紹介します。

ちなみに、1000文字のブログを書くのにかかる時間は約15分です。

お早めにお申し込みください。

日時:2016年12月10日(土)13:30-16:30
場所:JR神戸駅近く(参加者へ直接お知らせいたします)
参加費:3000円(お釣りのないようにご用意いただけると幸いです)
持ち物:課題本「最強のコピーライティングバイブル」、カラーペン(なくてもいいです)、筆記用具
定員:15名様
申込:下記からお申し込みください
https://www.read4action.com/event/detail/?id=4568

または、

https://www.facebook.com/events/1100970713356096/

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ