相手の幸せを願う

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

相手の幸せを願う

あなたは、結婚されていますか?

または、長く付き合っているパートナーがいるでしょうか?

もしいなければ、お父さん、お母さんは一緒に住んでいますか?

夫や妻が話をしているのに、上の空で聞いていて、ちゃんと聞いてよ!と怒られた経験はありませんか?

または、結局何が言いたいの?と言われたり。

昔はそうではなかったですよね。

恋愛していた頃は、相手のどんな言葉も聞き逃すまいと思っていたのではないでしょうか?

あるいは、子供の頃は、お母さんやお父さんに話を聞いてもらうのがうれしかったと思います。

でも、視点が変わって、今の状態になってしまった。

先日、友人と話していて、チームの売り上げをあげて行くにはどうすればいいかという話になりました。

友人は、あるチームの責任者なのです。

そのとき行き着いた結論が、いろんな価値観を持ったいろんな目的の人がいるわけだから、全員が同じことを考えられない。

でも、その人が幸せになれることを考え、その人も他の人が幸せになれることを考えると、やり方はいろいろだけど、売り上げが上がる。だから、コミュニケーションをとことんとっていくことが大切ではないかとなりました。

お互いがお互いの幸せを考えるなら、最初のような自分本位なコミュニケーションは起こらないですよね。

もちろん、心理学的には、体感覚が優位な人、言語感覚が優位な人、視聴覚が優位な人とコミュニケーションの方法にも差があります。

でも、テクニックよりも前にその人のことを思う気持ちが大切だと感じました。

ちなみに、こういったやり方で実際に売上を上げている経営コンサルタントの方が、友人にいます。なので、机上の空論ではないですよ。

<今日のポイント>
お互いの幸せを願うコミュニケーション。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ