病気の時にマインドフルでいられるか?

こんにちは。マインドフルネスやフューチャーマッピング(全脳思考)、行動する読書会を通して人生を幸せに過ごすコツを広めているKONです。

みなさん、健康ってありがたいですね。

何ですか?突然、何を言いだすんだと思いますね。

病気の時にマインドフルでいられるか?

実は、先日、ウィルス性胃腸炎になってしまい、発熱と下痢で寝込んでしまったのです。

朝から妙に寒気がして、ゾクゾクしていたんです。

でも、それほど熱があるように思えないし、熱を測って高熱だったら嫌だし。

だいたい、高熱だったらもっとしんどいはずだと思い、気にしないようにして、仕事をしていました。

そうしたら、下痢です。んー、ちょっとまずいかも。

でもこの時点では、インフルエンザかもと思っていたんです。

以前にインフルエンザになった時も、すごい寒気がして、同じような感覚があったもんで。

でも、昼頃から明らかに熱が出てきて、これはマズイなと思い、病院へ。

受付で体温計を借りて、測ってみると、38.1度。

ほんの微熱だと思っていて、全く平気だったので意外に高いなと。

そして、先生に症状を話して、喉とかを見てもらったら、インフルエンザよりも、ウィルス性胃腸炎の可能性の方が高いと。

実は、私の周囲の人でインフルエンザの人がいたので念のため検査もしましたが、やっぱり陰性。

今は15分ほどで、結果が分かるんですね。科学の進歩はすごいですね(笑)

で、最終的に、おそらくノロウィルスによる胃腸炎だろうとのこと。

この15分ほど待つ間、暇だったので待合室の椅子に座りながら、マインドフルに自分の状態を観察しましたよ。

発熱していると、周囲の刺激を受け取りにくくなるためか、マインドトークはあまり出てこないんですね。いつもよりも少ない感じでした。

で、体調が悪いということに関して、マインドトークをつなげてしまうと、余計にしんどい。

だから、じーっと自分の状態を観察している方が楽なんだと気付きました。

それから、家に帰って寝床とトイレを往復するばかり。

薬といっても下痢は、ウィルスを排出しようという働きのため止めるわけにはいかないそうです。だから、ゆるい効き目の漢方のみ。

解熱剤も免疫力を高めるために必要なので、どうしてもしんどくて高熱の時だけ飲んでくださいともらいましたので、これは飲まず。

自然に治るのを待つばかりでした。

マインドフルに横になっていると色々面白いことが起こります。

五感の刺激が減っているのと、考える事がしんどいので、マインドフルな状態になっていると、やたらと昔のことが思い出されるんです。

これって、瞑想が深まってきた時と同じやんと思いながら、寝転がっていました。

あと、胃腸をやられていて、重い食事が取れないので、量も減らしてお粥みたいなものばかり食べていました。

ちなみに、水分補給だけはしっかりしないと脱水症状になって危険です。ドラッグストアに売っているOS-1というポカリスェットの医療版みたいなのが良いそうです。ポカリよりも濃いようです。

で、そんな風に胃腸が空っぽの状態で水分を入れると体の中でどのように水分が移動していくかすごくよく分かるのです。

おお、ボディスキャン!とその様子を感じていました。

また、長く寝ていると体が痛くなってきます。

その微妙な感じも、背中のこの辺が痛くて、、、と観察。

もちろん、しんどいんですけど中々、貴重な体験でした。

口に出して、あーしんどいというのと、ありがとうございますというのと、どう感じ方が変わるか試したり、病気からも学ぶことは多いですね。

ということで、健康はありがたいなあと痛感した数日間でした。

みなさまも、手洗いうがいにはくれぐれもご注意なさって、お元気にお過ごし下さい。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスでしあわせな人生を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ