泣く子もほめる先生との再会

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使ってじっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

お知らせです。先日開催して好評だった「科学的にしあわせになる読書会&実践会」の2回目を開催します。ポジティブ心理学の本を使った読書会です。あやしい宗教ではありませんのでご安心ください(^^)
詳細はこちらから⇒https://www.read4action.com/event/detail/?id=5082

泣く子もほめる先生との再会

先日、新大阪駅近くで勉強会がありました。

在来線の改札口を出たところの長いコンコース。

夜7時過ぎ多くの人が行き交う中、階段を登り、そのコンコースを仲間と一緒に歩いていると、前からどこかで会ったことのある人が歩いてきます。

首からはまぶしいほど派手なオレンジ色のマフラー。

あ!あの色は、西村貴好先生だ。

そう、泣く子もほめる ほめる達人の西村先生です。

ほめる達人検定を開発し、ほめることで組織活性化や人材育成を行っています。

私は、3年ほど前に西村先生の講座を受け、ほめ達検定2級をいただきました。

軽い気持ちで受けたのですが、マインドフルネスにも通じるし、実生活で役立ついい内容でした。

西村先生だとわかった途端、考える間もなく

「西村先生!」

と、声をかけてしまいました。

もちろん、何千人という生徒を教えてきている先生なので、きっと私のことは覚えていらっしゃらなかったと思います。

でも、驚きながらも励ましの言葉をかけていただきました。

それから、思いたち先生の本を読み返してみました。

そうしたら、子育てに関していい内容が出ていたのです。

それは、子供は見かけは親の縮小コピーだけど、中身は親の拡大コピーという内容。

大人になると、いろんな常識が身について、感情をストレートに出すことがなくなります。

子供はそれがありませんので、中身は親の拡大コピーとなるのでしょう。

そして、子供に自分の嫌な面を見つけてしまうと、ついつい自分のことは棚に上げて、子供を叱ってしまいます。

でも、子供は親の真似をしているのだから、自分を改めれば子供も改まるのですね。

確かに、そんなことはありますね。

気をつけないといけませんね。

<今日のポイント>
子供の中身は親の拡大コピー。自分を改めよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ