汗だくの夏の日、服を脱ぐときにまとわりついて怒りが爆発しそうになる件

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

汗だくの夏の日、服を脱ぐときにまとわりついて怒りが爆発しそうになる件

今回の内容は、ほんのささいなストレスをどのようにやり過ごすかという話です。

夏の暑い日、帰宅して服を着替えようとします。

汗がいっぱいです。

あいにく部屋は誰もおらず、クーラーは効いていません。

服を脱ごうとしたら汗でまとわりつきます。

あなたはどんな気持ちになるでしょうか?

うっとおしいなあ。嫌だなあ。暑いなあ。

そう思うかもしれないですね。

私もそんなことがよくあります。

そんなときはどうするか?

たぶん、ほとんどの人はこんな小さなストレスをストレスだと認識していないでしょう。

でも、こんな小さなマイナス感情でも積もり積もれば大きくなりますし、ちょっとイライラしているときに、もっと嫌なことが起きると、怒りの堤防がすぐに決壊してしまうでしょう。

そんなことにならないためにも、小さなストレスもサッとかわしたいものです。

まず、小さなストレスに気づくことが大切です。

そして、気づいたらその嫌な感覚をじっと観察してみてください。

見つめていると、体の中で言葉にならないマイナス感がだんだんと小さくなります。

そして、嫌だ、うっとおしいと言語化されようとしていた感覚が、どこかへ行ってしまいます。

不思議ですね。

アメリカの脳科学者、ジルボルト・テイラーさんによれば、感情のホルモンは、90秒経つと消えていくそうです。

いつまでもイライラが続くのは、マインドトークで感情を再生産しているから。

一度、この観察ができると、翌日に同じように服を着替えようとしたとき、またサッと気づき、観察できるようになります。

脳のネットワークの強化ができるんですね。

そうやって小さなストレスを減らしていくと、毎日が楽になってきます。

どうぞ、試してみてください。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

※しばらく充電期間に入ります。
この次の読書会やセミナーは、早くても11月以降です。

メルマガでセミナーや読書会のお知らせをしますので、ぜひご登録ください。
なお、PCメールのほうがオススメです。携帯メールはフィルタリングで届かないことが多いです。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ