振り子の法則

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使ってじっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

振り子の法則

スピリチュアルな話は好きですか?

私は、大学で物理を学んでいたので、どっちかというと、そういうのは半信半疑なのです。

でも、半信半疑ながら、不思議だよなあと思うことがたくさんありますし、起こります。

私の先生の一人も、ビジネスの人で、どうやってお金を儲けるか、そのゲームに勝つためにどうすればいいか、合理的なビジネスのロジックを常に考えている人です。

一応、語弊がないようにお伝えすると、守銭奴というわけではないですよ。ビジネスはお金を稼ぐというゲームだということです。

で、そんな先生でもやっぱり、たまにスピリチュアルなところを感じざるを得ないというのです。

例えば、感情が揺れ動く振り子の話。

あなたも私も感情は、振り子のように振れています。

プラスの感情もあれば、マイナスの感情の時もある。

で、ビジネスで新しいことを試すとき、どんな感情のときにうまくいくと思いますか?

感情がプラスの時。ポジティブで上手くいくでしょうか?

それとも、感情がマイナスな時。慎重に事を進めるので失敗することが少なくなり、上手くいくでしょうか?

実を言えば、どちらもダメなんです。

経験的に言えば、感情が静まっている時が上手くいくことが多いとか。

なので、もし感情がプラスかマイナスに動いたら、その感情を観察して、波が去るのを待つことです。

これは、マインドフルネスと同じ。

感情に客観的に気付いて観察することで感情が静まるのです。

振り子でいえば、感情の揺れをリセットして、静止している状態です。

喜びにしろ不安にしろ感情が動いている時は、コントロールが乱れがち。

私は一時期、ボウリングにはまっていて、週に2、3回、ボウリング場に通っていたことがありました。

もちろん、マイボウル、マイシューズでロッカーも借りていました。

ボウリングはかなりメンタルがスコアに影響するスポーツです。

ストライクが続いてうれしいとき、それを意識すると大抵失敗します。

コントロールが狂うのです。

それは、なんでも同じです。

新しいことをするなら、マインドフルな状態で、した方が良いようです。

<今日のポイント>
感情の揺れをリセットして取り組む。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■6月「やり抜く力」読書会
成功するために、才能よりも努力よりも
運よりも必要なこと。それがやり抜く力。
やり抜く力が欲しい人は、ぜひご参加ください。

6月17日(土)午後 神戸元町周辺にて
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5110

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ