幸福をデザインする

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

幸福をデザインする

平日に休みを取って、畑仕事をしました。

夏野菜の収穫や草刈りなど。

でもまあ、ほったらかし農法なので、午前中に切り上げて、昼からは図書館へ。

たくさんの本を抱えて行くと、何やら薄暗い。

なんと間の悪い事に月に1回の休館日。

しかたなく、本を返却だけして、近くの本屋をぶらつく事に。

そこでまた、幸福やポジティブ心理学の本を買いました。

その手のいろんな本を読みますが、言いたい事は、だいたい、似通ったところに落ち着いていると思います。

幸福になるためには、いくつかの条件があります。

まず、環境です。

これは、ある程度選択の自由があること。

ブラック企業に勤務していたり、虐待にあっているといったことがないことです。

また、仲間がいるかどうかもこの環境に入ります。

お金持ちは友達が少ないといいます。

お金目当ての人が群がってくるから、人を信用できなくなるのですね。

だから、仲間が少ない。そういう点では、幸福ではありません。

また、自分自身が健康で能力があるかどうかもポイントです。

もし、引越しをして仲間がいなくなっても、あなた自身が魅力的なら仲間を作ることができます。

あなた自身も幸福の条件なのです。

そして、お金です。

当たり前ですが、お金があれば、環境を変えることができます。

ブラック企業に勤めなくてもいいですし、衣食住に悩むこともないでしょう。

ただし、統計では、お金で得られる幸福は年収800万円を超えるとほとんど、上がらなくなります。

幸福という観点で考えると、800万円を超えると、がむしゃらに働くより、仲間づくりや健康に力を入れる方が良いのです。

そして、もう一つ大切なことがあります。

それは、どの基準で幸福を感じるかです。

お金も、仲間も、環境も。。。全て基準点が人によって違うのです。

もっともっと病にとりつかれた人たちは、お金ももっと欲しい、もっと健康になりたい、もっとスキルが欲しい、もっとキレイなあるいは、かっこいい恋人が欲しいと、基準がどんどん上がります。

そして、基準が上がれば上がるほど、幸福から遠ざかります。

賢いあなたならもうお気づきでしょう。

マインドフルネスや感謝の力を使えばその基準を下げることができます。それが、リボーンメソッドです。

つまり、お金とか、スキルとか、仲間とかそういったものを大きく変えることなく幸せになれるわけです。

多くの人にこの事実を知って欲しいなあと思います。

<今日のポイント>
幸福は、仲間、能力や健康といった自分自身、お金、そして、あなたの幸福の基準点で決まる。そして、その基準点はリボーンメソッドでコントロールできる。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ