幸せは計画できる

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢の発見と実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

幸せは計画できる

今回は、ポジティブ心理学関連の本の一冊、「人生は『幸せ計画』でうまくいく」をご紹介します。

この本は1年間、毎月テーマを決めて幸福になるための行動を起こした作家であるグレッチェン・ルービンさんの記録になっています。

各月の内容までは紹介できませんが、最初にルービンさんの人生のルールがまとめてあります。迷った時に指針となるものです。

それをご紹介すると

・ありのままの自分でいる
・どうしようもないことはあきらめる
・なりたい自分になったつもりで行動する
・今すぐやる
・丁寧に、公平に
・途中経過を楽しむ
・惜しみなく使う
・問題点を特定する
・場を和ませる
・なすべきことをなす
・計算をしない
・愛はかならずある

などです。この本を読んだ時、私も試してみましたが、特に旧友と会うことはとても幸福度を上げることができました。

また、大人の心得として、ルービンさんが困難を乗り越える中で学んできたことがまとめられています。
それは、

★ 人は案外他人の間違いに気づかない
★ 他人に協力を求めれば良い
・たいていのことは、大して調べなくても決断できる
★ よいことをすると気分がいい
★ 大事なのはみんなに優しくすること
・念のためにセーターを持ち歩く
★ 塵も積もれば山となる
・石鹸と水があれば大抵のシミは落ちる
・コンピュータがうまく動かない時は、電源を落として再起動してみる
・捜して見つからないものはもう家に置かない
・何をするかは選べるが、何をしたいかは選べない
★ 幸福になろうとすることは、楽しいこととは限らない
・たまにすることよりも、毎日することのほうが大事
・すべてが得意でなくても構わない
・まったく失敗しないのは、取り組み方が十分じゃないから
・市販薬はよく効く
★ 完璧を目指すあまり何もできなくなっては意味がない
★ 他人が楽しんでいるからといって、自分も楽しいとは限らない(逆も)
・結婚式の引出物は、各自好きなものを選べるほうが喜ばれる
・子どもの頃の性格は、人から文句を言われようが、何かの講習を受けようが、根本的には変わらない
・投資がなければリターンもない

★印は私も同感する心得です。

また、これ意外にも私にとっての心得は、

・折り畳み傘を持ち歩く
・買い物のマイバッグをカバンに入れておく
・お店の会員カードは作らない
・本は買うよりも借りる
・車は道具。動けばいい。
・物よりも体験にお金を使う
・幸せはなるもの
・感謝することは最大の力
・きちんと寝る
・食べ物に気をつける
・人とのつながりを大切にする

などがあります。

ただ、これらの心得やルールは人によって違います。

それは、あなたの幸せと私の幸せは同じものとは限らないからです。

あなたの幸せ計画のために、あなたにとって心地良いことはどんなことなのか?どんな活動なのか?

あるいは、あなたにとって不快なことは何か?

あなたにとって正しいと思えないことは何か?成長していると実感できる活動は何かといったことを考えて、リスト化するといいでしょう。

そうすれば、あなたも幸せ計画を作ることができます。

<今日のポイント>
あなたの幸せから幸せの心得、ルールを決めよう。

では、あなたの人生もしあわせでありますように。

■橘玲さんの『幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」 』を使った読書会を開催します。
詳細は下記で

8月27日(日)13:30から
神戸元町周辺にて

https://www.facebook.com/events/241406679694483/
または、
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5254

■本は、読んでこなくてOKです。読んでいないほうが楽しめます。
■普段本を読まない方、人見知りの方、大歓迎です。
楽しく気づきを得ることが出来る場です(^^)

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ