常に右肩上がりのウソ

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

常に右肩上がりのウソ

今から30年ほど近く前の事。

日本は超好景気にわいていた。

大学生だった私たちは、就職先を選び放題。

冗談ではなく、会社説明会に行った先で、即、内定が出るという事もありました。

そして、社長自らが参加しての懇親会という名の接待。

私も何社も内定を頂き、食品関係商社では、今思うとかなり高級な店に連れて行ってもらい、食事をご馳走になりました。

やっぱり、食品関係の人は、食べるのが好きな人が多いので、美味しい店を知っているのです。

そんな中、同級生たちは大手電機メーカーの研究職として就職していった人が多かったのです。

シャープ、サンヨー、松下電器などなど。

しかし、それから30年後、まさか日本の電機メーカーがこんな惨状になるとは誰も想像していませんでした。

資本主義である以上、会社は常に利益を増やし続けなければいけません。

本当かな?とも思いますが、多くの人はそう信じています。

だから、売り上げは常に前年比◯パーセントアップで目標を立てる事が多いでしょう。

常に右肩上がりです。

でも、現実はそうはいかない。

だって、栄枯衰勢、諸行無常が世の中の法則だからです。

上がれば下がる。下がれば上がるのが普通です。

この前、友人とどうすれば背伸びした目標に達するかと話をしていました。

月ごとの売り上げにばらつきがあり、どうしても上がったら下がるのです。

その時、常に上がり続けるのは不自然だから、そこは受け入れて、もう少し高い目標を持ってみてはどうなるだろうという結論になりました。

目標を高くすれば、上げ下げも受け入れた上で、高みに到達するのではないかというわけです。

また、目標を決めたあとは、途中経過に一喜一憂せずにやれることをやる事も大切と話していました。

まあ、個人的には高い目標じゃなくても、細く長くでいいんじゃないかと思いますけどね。

<今日のポイント>
常に右肩上がりは不自然。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ