宮本武蔵とマインドフルネス

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

宮本武蔵とマインドフルネス

今日は、宮本武蔵とマインドフルネスについて書きます。

さて、あなたは、このブログを読んでいるくらいなので、マインドフルな毎日を送りたいと思っていますよね。

でもなかなか、マインドフルな毎日を送るのは難しいですし、よい師匠がいないと疑問があってもどうすればよいかわからず、やめてしまうことも多いと思います。

マインドフルネスの良さ、例えばリーダーシップが身についたり、心配事が減ったり、幸福感が高まったりといったものを見聞きして、期待に胸をふくらませてやり始めたものの、こんなはずではなかったとがっかりしているかもしれません。

ところで、私は、7つの習慣という自分の人生を生きるための手法を使っています。手帳もそれを実践するフランクリンプランナーを使っています。

そこに、毎日著名人や偉人の言葉が掲載されているのですが、剣豪、宮本武蔵の言葉がありました。

「観見二つのこと、観の目つよく、見の目よわく、遠き所を近く見、近き所を遠く見ること、それが兵法の要である」

分かったような分からないような言葉ですが、武道や書道をされている方であれば、ピンと来るかもしれません。

これは、宮本武蔵であれば、刀を持ち、相手と斬り合う時に相手の刀ばかり見て避けようと集中していては勝てないということでしょう。

全体に注意を払いつつ、部分にも注意を払うそんな状態を言い表しているのです。

これは、マインドフルネスと同じです。

一つのことに集中しすぎると、そこにとらわれて周りが見えなくなり、思わぬ攻撃に足元をすくわれます。

これを感情に読みかえると、マインドフルネスそのものになります。

マイナスの感情ばかりに集中し、そこにとらわれるとポジティブなことも見えなくなり、世界は希望がない場所に思えてきます。

かといって、マイナス感情をないことにしてしまうのはマインドフルではありません。

マイナス感情があることも見て、ポジティブなことにも気づく、そして、そこに反応しないのがマインドフルな態度です。

これができるようになると、感情に振り回されなくなりますし、優れたリーダーにもなれます。

ぜひ、あなたもマインドフルネスを学び、感情の宮本武蔵になりましょう。

マインドフルネスについてもっと知りたい方は、無料レポートがありますので、ぜひご覧ください。右上のバナーからダウンロードできます。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

■著者 大平信孝さん参加『「続けられない自分」を変える本』読書会&ミニワークショップ

行動イノベーションの専門家、大平信孝さんが3冊目の本を出されることを記念して、大阪で大平さんご自身が参加しての読書会&ミニワークショップを行います。

「続けられない自分」から「続けられる自分」に変わるヒントがこの読書会につまっています。

この本のキモである、エモショーナルハビットを使い、あなたも「続けられる自分」になりましょう。

日時:12月8日(火)9:30ー11:30(開場 9:15)
場所:新大阪駅近く(参加者へ直接お知らせいたします)
定員:先着15名
参加費:5,000円
お申し込み:http://ptix.co/1PgJ6sn

■2016年を充実させる!時間術をマスターする読書会
2016年、もしあなたが時間を効率的に使えるあなたに変身できるとしたら?

もし、たった3時間で10冊近くの時間術の本の内容を知り、学べるとしたら?

時間管理の方法、物事の優先順位のつけ方、そして実行の方法など、時間術をテーマにした人生を充実させるための読書会を開きます。

日時:2016年1月10日(日)13:30-16:30
場所:JR神戸駅近く(参加者へ直接おしらせします)
定員:先着15名様
参加費:3000円
持ち物:時間術に関連した本(読んでこなくてOKです)1、2冊、カラーペン
ファシリテーター:一般社団法人Read For Action協会 認定リーディングファシリテーター 小西イサオ
ゲスト:最強仕事術認定コンサルタント 長島康敬
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1785

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ