夫がご飯を食べる音さえイライラする

こんにちは。マインドフルネス、フューチャーマッピング(全脳思考)、引き寄せなどを通して人生を幸せに過ごす方法を広めているKONです。

ラジオで熟年離婚の話をしていました。

長い間、奥さんが周到に離婚の準備を進めておいて、ある日突然、離婚届を夫に差し出し、これにサインして下さい。と迫るパターンが多いそうです。

怖いですね。ドキッとしますね。

夫がご飯を食べる音さえイライラする

あなたのところは大丈夫でしょうか?

そうなると、夫の方は、思い当たる節がなくて大慌て。
冷静に話し合いをしよう、話せば分かるはずだと言うそうです。

でも、奥さんの方は、もう何年も前から離婚のサインを出していて、夫がそれに気づかなかっただけだとか。

だから、すでに奥さんの気持ちは固まっていて、もう今から挽回するのは無理と。

そこまでいかなくても、夫婦って元々は他人ですから、いろいろと気に入らないことや合わないことがありますよね。

お金の使い方や子供の教育に対する考え方、見たいテレビ、食べたい食べ物、家事を手伝ってくれないとか、浮気、パチンコなどのギャンブル、お酒などなど。

悩みは尽きません。

そんな悩みを少しでも軽くしたいですよね?
したくない?いつも、ラブラブだから大丈夫?

そんな素晴らしい方は、ぜひ、それを継続してほしいと思います。

知りたい方は、続きをお読みください。

まず、小さな不満を大きな不満に変えていませんか?

例えば、夫に帰りにスーパーに寄って、かまぼこを買ってきてと頼んだら、ものすごい高いかまぼこを買ってきた。

あるいは、かまぼこじゃなくて、ちくわを買ってきた。

はたから見てたら、そんなこともあるかなと思う程度ですが、こういった事にものすごく怒る人を知っています。

旦那さん、かわいそう。

奥さんにしてみれば、かまぼこで作りたい料理があった。だから、絶対にかまぼこでないとダメだったとか、少ない給料で節約しているのに、私の努力が水の泡だとかといった事情があるかもしれません。

でも、こういったケースって、本当は小さな不満が積もり積もって爆発していることが多いのです。

それは、相手への不満を勝手に何度も再生して、あの時はああだった、あの時もこうだったと昔の記憶をこねくり回しているだけなのです。

こういうのを自動思考とか、マインドトークと言います。

人間って不思議なもので、記憶の中で辛いことを思い出しても、その当時と同じように腹が立ったり、不安になったりするものです。

夫にしてみたら、1回か2回の失敗を勝手に何度も再生されて、たまったものじゃありませんね。

女性は喧嘩をするとよく昔のことを持ち出すと言いますが、女性と男性の脳の造りの違いで、どうしても女性の方が昔のことを反すうしがちなのです。

必要なのは、自動思考やマインドトークをしている自分に気づくこと。

また、日頃から日々の感謝や良かったことを記録する癖をつけると、出来事や世の中のいい面が目につくようになります。

日頃気にしていなかったのに、何かが欲しくなると急に世の中にその商品の情報がたくさんあることに気づくのと同じです。

ちなみにこれをカラーバス効果といいます。

マインドトークに気づいたら、あとは、それが消え去るのを観察するだけです。

マインドフルネスではそういった訓練をしていきます。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスでしあわせな毎日を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ