夢を手にする究極のシークレット「気づくこと」

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使ってあなたの夢を農耕型でじっくりと見つけ、その実現を支援している小西イサオです。

夢を手にする究極のシークレット「気づくこと」

これまで、夢を見つけるためには、心を整えることが必要で、心を整えるためには、マインドフルネスの訓練が有効だとお伝えしてきました。

今回は、その続きです。

心を整えるとどのような変化が出てくるのかをお伝えします。

心が整うというと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

どんなストレスがあっても、一切感情が乱れず、眉一つ動かさないという感じでしょうか?

山奥に住む長く白いひげをたくわえた仙人のような老人をイメージされるでしょうか?

もちろん、間違ってはいませんが、そんなにすごい人になるには、長い間の修行が必要です。

夢を見つけるためにめざすのは、もう少し入門レベルでいいでしょう。

まず、自分の感情に気づけるようになることです。

自分の感情に気づくって、自分のことは自分が一番よくわかっているよ。そう思うでしょうね。

でも、怒りに我を忘れて、思わず誰かを傷つけたとか、ありませんか?

大失恋して、悲しくて悲しくてご飯ものどをとおらない。そんな時に自分の状態を客観的に見れていますか?

大抵は、後から気づくものです。

マインドフルネスを続けていくと、感情が動いた時にそれに気づくようになっていきます。

悲しんでいる、怒っている、プレッシャーを感じているといったネガティブな感情もあります。

また、夢を見つけるために必要な気持ち。

うれしい、わくわくする、楽しい、静かな喜び。そういったものも感じるようになります。

さらに、大きく感情が振れるときだけでなく、小さな動きの時にも気づけるようになります。

もし、あなたが植物が好きなら、草木を見た時になんだかいやされている自分に気づいたりします。

また、他人の価値観の影響で、理性でいいと思っているものと自分の本心がいいと思っているものの違いもわかってきます。

これがポイントなんですね。

あなたの価値観、心を整えていくことでそれに気づいていく。

そうやって気づきの時間を増やすことで、夢の輪郭がはっきりして来ます。

最後に一つヒントです。

感情が動く時に自分のどこがどう変化するのかに気づけるようになると、素早く感情に気づけるようになりますよ。

リボーンメソッドでは、そういった訓練も行っていきます。

<今日のポイント>
心を整えることで、感情に気づけるようになろう。それが夢を発見する第一歩。
では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

======================================
今後のイベントなど
======================================

■夢をかなえるあなたに生まれ変わろう!
リボーン読書会「座右の書で課題解決」

経営コンサルタント、母、妻、女性、社長、シータヒーラーと
多彩な顔を持ちながら自然に無理しない生き方をしているかめちゃんこと
亀谷知枝さん。

ITベンチャー企業の社員として昼夜を問わない働き方をしていましたが、
役員の椅子を辞退し、一転、力を抜いた生き方にシフトしながら
幸せな生き方を貫いています。

そのかめちゃんの座右の書「感動の条件」をテーマ本にあなたの
課題をみんなでお互いに解決していきましょう。

「感動の条件」をテーマ本にしていますが、
あなたの座右の書、おすすめの本、人生に影響を与えた本があれば、
ぜひそれもお持ちください。

読書会のあとには、かめちゃんの引き寄せ人生の秘密を語るミニセミナーも
あります。

日時:
2017年1月14日(土)13:30-15:30(読書会)
15:30-16:30(かめちゃんのミニセミナー)
場所:JR神戸駅近く(参加者へ直接お知らせいたします)
参加費:4000円(お釣りのないようにご用意いただけると幸いです)
持ち物:課題本「感動の条件 あなたの一生を1時間で変える本(永松 茂久)」
もしくはあなたの座右の書、カラーペン(なくてもいいです)、筆記用具
※感動の条件は、単行本でも文庫でもどちらでも構いません
定員:20名様
申込:下記からお申し込みください
https://www.read4action.com/event/detail/?id=4623

または、

https://www.facebook.com/events/2166393170251998/

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ