夏休みの幸福感とマインドフルネス

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

夏休みの幸福感とマインドフルネス

今回は、マインドフルネスを続けているとどう変化していくのかという個人的体験を書いてみます。

瞑想を始めてからすでに15年以上、正確には覚えていませんが、20年近くたっているかもしれません。

マインドフルネスに出会ったのは3年ほど前。

まだ、マインドフルネスブームが来る前でした。

最初に師匠に教えていただいたことは衝撃でした。

目から鱗が落ちたというか、自分が一人で体験してきたことの意味が腹に落ちたのです。

そして、気づきや学びが深まり、マインドフルネスにのめり込む時期があり、だんだんと日常になり、また、少し飽きてきたり(笑)

マインドは、そう簡単には手なづけられないのです。

そして、気づきが少なくなる時期があり、こんな感じかと思っていると、さらに身体感覚と感情のあたりや、言語化される前の感情の気づきが出てきました。

そして、日々のマインドトークがさらさらと流れていくようになります。

また、いろいろなことにこだわりがなくなり、世の中どうでもいいことだらけだと感じるようになりました。

街路樹の葉が風に揺れているのを見て、猛烈に感動したり(笑)

そんなささいな幸福感が、かなり長い間続くようになったり。

そして、最近はというと、全体の気持ちのレベルというか、幸福度が上がったように思います。

さらに、何をしていてもふと、幸福だという感覚が出てくるのです。

仕事をしてパソコンに向かっている時、暑い夏の空気を感じた時、歩いている時、いつでもです。

最近、暑い日に夏らしい空気感、香りを感じて思い出したことがあります。

ああ、これは夏休みの感じだ。

子供の頃、長い長い夏休みにワクワクした、あの幸福感、期待感だと。

マインドフルな状態というのは、子供と同じのように思います。

子供は喧嘩してもすぐに仲直りします。

大人のようにいつまでもグズグズ考えていないのです。

夏休みの感覚が続く毎日、悪くないですよ。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

※しばらく充電期間に入ります。
この次の読書会やセミナーは、早くても11月以降です。

メルマガでセミナーや読書会のお知らせをしますので、ぜひご登録ください。
なお、PCメールのほうがオススメです。携帯メールはフィルタリングで届かないことが多いです。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ