副業を考える7パターン

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を使ってあなたのわくわくするパラレルキャリア人生をサポートしているリボーンメソッドの小西イサオです。

副業を考える7パターン

「次の時代を先に生きる」。高坂勝さんの本です。

高坂さんは、ダウンシフターズという概念を提唱されていて、競争社会で無理して生きるのではなく、経済成長しなくても幸福な社会を作ろうと主張されている方。

ご自身は、会社員でしたが、週休3日のオーガニックバーを経営していて、儲けすぎないように店を運営されています。

この「次の時代を先に生きる」では、人に雇われるのではなく、自分で仕事を作り出そうと書かれています。

それは、ナリワイ。

伊藤洋志さんがおっしゃっているナリワイと同じで、リボーンメソッドでいうところの副業、パラレルキャリアと同じです。

ナリワイを見つけるには、いくつかのパターンがあるということで、その方法が、紹介されています。

1 好きなことや得意なことからはってんさせる。
自分では当たり前でも人にとっては難しいことって結構あります。これを見つけるようにアンテナを張り、見つけたらメモを取りましょう。

2 夢を発展させる。
夢と言っても20代になってからプロ野球選手を目指そうという無茶なことではありません。野球が好きだったのなら、少年野球のコーチをするとかでもいのです。グラウンド運営の裏方をやるのもいいでしょう。審判をやってみるとか野球用品の販売とか、周りを見わたせば色々出てきます。

3 経験から探っていく
これまでの仕事で経験したことの延長で自分のナリワイを探すのです。私が映像制作をたまに請け負っているのもこのパターンです。

4 問題解決からのナリワイ
これまで自分が困って、なんとか解決してきたこと。今は経験ができたのですぐに対処できるけど、初めての人は困っているかもしれない。それを手助けすることで収入に結びつけようというものです。例えば、若い人なら当たり前に使えるIT機器。でも、お年寄りにとっては難しい。じゃあ、お茶でも飲みながら教えてあげる講座を開いたら?という感じです。

5 人生の使命を活かす
人生に使命を持っている人で、それを収入に結び付けられていない人は、ぜひそれをやってみるといいです。私は、マインドフルネスを広めることをミッションだと思い、それをより普及しやすくリボーンメソッドにまとめています。まさにこのパターンです。

6 場所にあわせたナリワイ
地域の課題を見つけて、それを解決することでナリワイにできないか考えるパターンです。過疎地で買い物難民が多いなら、若い人が買い物を代行してあげたり、一緒に街に買いに出てあげたりできますよね。後継者がいない地域の農業を継ぐというのも場所にあわせたナリワイですね。

7 組み合わせる
これまで書いたようなナリワイを組み合わせるのもいいでしょう。高坂さんは、空間デザインが好きで、音楽が好きで、お酒が好きで、人と接することが好きだったそう。そんな好きなことに夢であった社会変革を担う人になりたいという思いや小売業の経験を生かして、オリジナルのオーガニックバー開店につながったそうです。

組み合わせることで競合が出てこないあなただけの強みになります。

あなたが、何か副業を考えた時、こんな視点でアイディアを出すといいですね。

そして最後に高坂さんの素敵な言葉をお伝えしましょう。

仕事をするのに肝心なことを忘れてはいけない。
自分が楽しみ、人が喜び、世の中を良くする、という3要素を肝に銘じてほしい。

お金だけでなく、幸福や満足を得るために忘れてはいけないですね。

<今日のポイント>
副業を考える7パターン。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■引き寄せの法則を実践する読書会&ありがとうメソッド体験会

日時:7月23日(日) 13時30分から16時30分(終了時刻は延びることがあります)
場所:神戸 JR元町駅近く(参加者に直接お知らせいたします)
定員:先着7名様(ファシリテーター、講師を除く)
参加費:4,000円
申し込み方法:下記からお願いします。

https://www.facebook.com/events/191985147995339/
または
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5223

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ