マインドフルネス瞑想 オススメのアプリ

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

マインドフルネス瞑想 オススメのアプリ

今回は、マインドフルネス瞑想は、難しくないという内容です。

マインドフルネスの訓練は、瞑想が基本になります。

瞑想と言っても色々なやり方がありますが、坐禅もしくは、椅子坐禅をオススメします。

横になって行うボディスキャンなども瞑想の一種ですが、眠くなったりすることが多いので、最初は、椅子や床に座って行う方がいいでしょう。

どちらの場合も、背筋を伸ばして、ゆっくりと呼吸します。

鼻から息を吸い、その空気の感覚を感じます。

そして、ゆっくりと口から空気を吐きます。

数よりも吐くほうが長めになるようにしましょう。

マインドフルネス瞑想の訓練は、2段階あります。

まずは、集中力、注意力を高める訓練です。

呼吸に集中して、ゆっくりと呼吸に注意を向け続けます。

そのうち、気が付くと足がかゆいとか、この後何かをしないといけないとか、仕事の心配事とか、いろんなことを考えている事に気づくでしょう。

気づいたら、もう一度、呼吸に集中し直します。

反省する必要はありません。反省というのは、ジャッジですから、マインドフルな状態ではありません。

淡々と呼吸に注意を戻すだけです。

もし、呼吸に注意を向けるのが難しければ、数を数えましょう。

吸って吐いて1回です。もう一度、吸って吐いて2回です。

そうやって、10まで数えたら、1へ戻ります。

でもこれも、慣れてくるといつの間にか、11、12、13と10を超えて数えてしまいます。

そうしたら、淡々と1に戻して、もう一度、集中し直します。

こうやって、毎日呼吸瞑想を続けて、気がそれたら戻す事を続けましょう。

いずれ、集中力が高まってきます。

マインドフルネス瞑想というと、ここまでのことだと思っている人や、そのように解説しているホームページもありますが、実は、この先があります。

それは、第二段階です。

集中しつつ、自分を客観視するのです。

気づきの目線を持つのです。

とはいうものの、まずは、集中できることが必要なので、まず、これを集中力を高める練習をしましょう。

そうそう、マインドフルネス瞑想をしている時、どのように終わりの時間を知ればいいか気になりますよね。

オススメのアプリがあります。

スマホやタブレットをお持ちの方はぜひ、使ってみてください。

「雲堂」というアプリです。

iphone、ipadの方は下記

https://itunes.apple.com/jp/app/yun-tang/id418510732

andoroidは、下記

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.webimpact.android.undo&hl=ja

では、あなたの人生も幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

■初心者限定!1分間PR動画ラクラク作成 読書会&ワークショップ

あなたは、動画PRについてこんな思い込みをしていませんか?

□高いスキルが必要だ
□高い機材が必要だ
□時間や手間がかかる
□出演者はルックスがよく、話がうまくないといけない
□高い費用がかかる

こんな思い込みを持つあなたに来ていただきたいのがこのイベント。

素人でも安い機材でも、動画PRの最初の一歩が踏み出せる読書会&ワークショップです。

教科書は拙書「1人でできる! 3日で完成! 事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック」。

今回は特別プレゼントとして、文章だけでは伝わりにくいとボツにしたプランニングの方法も
ワークショップ形式で著者自らお伝えします。

今回は、3回シリーズの第1回。企画・プランニング編。単発参加もOKです。

日時:11月5日(土)13:30-16:30
場所:JR神戸駅近く
定員:15名
参加費:5,000円(2,160円(税込)の書籍付き)
持ち物:筆記用具
申し込み:
https://www.facebook.com/events/188511841575958/

または、

https://www.read4action.com/event/detail/?id=4561

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ