マインドフルネスと宗教の関係

マインドフルネスでは、瞑想を行います。また、マインドコントロールと言葉が似ていることもあり、新興宗教のような印象を持たれる方もあるようです。

マインドフルネスと宗教の関係 

実際、マインドフルネスを学ばれている方でも、友人や家族に説明しづらいといった声をよく聞きます。マインドフルネスと宗教の関係は、どうなっているのでしょうか。実は、マインドフルネスの元になっているのは、仏教の教えです。特に、マインドフルネスストレス低減法を提唱したジョン・カバットジン博士は、禅の教えを基に開発したそうです。

そういった東洋の智慧が、アメリカに渡り、宗教から離れ、心の問題を解決する手段として発達したのがマインドフルネスです。そのため、マインドフルネス自体は、宗教ではありません。

もちろん、ゆるいつながりはありますので、より深くマインドフルネスを学びたいと思えば、仏教や禅について知りたくなるでしょう。また、先生によってはその辺りの知識を教える方もいます。

また、仏教に起源があるということで、ヨガによる心の整え方とも共通点があります。マインドフルネスを学ばれている方には、ヨガ講師が多いのもそういったことからのようです。

一方、アメリカなどではマインドフルネス瞑想を続ける効果を科学的に解明しようとしています。脳科学でfMRIといった機械を使い、瞑想を続けると脳が変化することが分かり始めています。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ