マインドフルネスで子育てのストレスを軽減する

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている、小西イサオです。

我が家には、小学生の双子、男の子2人がいます。
双子は、かわいいとか、いいなあと言われることが多いのですが、実は、結構、子育てに苦労します。

マインドフルネスで子育てのストレスを軽減する

乳幼児期は、一人でも大変なのに二人なので、より大変です。
例えば、夜の授乳。生まれてから半年くらいは、2時間おきくらいに授乳しますよね。寝不足で大変です。

でも、双子だと、同時に授乳できるとは限らないので、交互に起こされることになります。
授乳を始めて30分くらいで寝れると思ったら、1時間ほどして、起こされて授乳してと、とにかくまとまった睡眠が取れません。

正直、気が狂いそうになります(笑)

冗談ではなく、双子家庭は、一人の家庭よりも虐待の比率が高いのです。

さて、そんなことで、少しでもストレスを和らげようと、双子以上の子ども(多胎児と言います)を持つ、親たちがお互いに話をする当事者グループがあります。

我が家も子どもが小さい時はお世話になっていました。

永遠に続くかと思える授乳期も過ぎてみれば、わずか1年ほどです。

また、学校へ入学する時、同じクラスがいいのかとか、双子のベビーカーを初めとしてグッズはどういったものが要るのかなど、先輩からの貴重な情報がありがたかったです。

ということで、今では私も年に数回だけですが、ボランティアとして先輩の立場で集まりに参加しています。

先日、そのグループの記念イベントがあり、双子パパ約10人と座談会をしました。

その中で、やはり母親と違うなと思うことがありました。

お母さんは、双子の発育の違いとか、母乳がいいか粉ミルクでもいいかとか子供中心の悩みが多いようです。

でも、お父さんは、お母さんがイライラしがちなので、そのストレスをいかによけて、解消させるかに悩んでいる方が多いのです。
(あと、お金の話の悩み事も。なんせ、全ての子育てにかかる費用が倍なので)

特に、会社から帰宅すると、その日にあったことをマシンガントークするお母さんにどう対応するのかといった話が興味深かったです。

とにかく、我慢してすべて聞くしかないという人が多かったのですが、そこで、思いつきました。

この聞くという行為は、マインドフルネスの訓練の一つにあるのです。

マインドフルネスリスニングと言って、Googleのマインドフルネストレーニング、Search Inside Yourselfにも取り入れられています。

我慢して話を聞くのと、トレーニングとして、集中して話を聞くのでは、奥さんの印象も違ってくるでしょうし、自分自身の訓練にもつながるので、身が入ります。

もちろん、マインドフルネスの力にもつながるでしょう。

双子を持つ家庭だけでなく、奥さんのマシンガントークに困っている方は、一度、マインドフルネスの訓練として、聞くことに全身全霊を傾けてはどうでしょうか。
きっと、素晴らしい結果が待っていると思います。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

<お知らせ>
■引き寄せの秘密を探る読書会の無料レポートを作成しました。
ぜひ、下記から入手して下さい。
http://koufuku.org/?p=403

■読書会&ミニセミナー「本気で&今すぐ変わりたい人の行動イノベーション」
2015年11月3日(火・祝日) 13時30分~15時30分
場所 JR神戸駅近く(参加者に直接お伝えいたします)
参加費 3,000円
定員 先着10名様
申し込み方法 下記ページからお申込み下さい。
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1658

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ