マインドトークを操る方法

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

マインドトークを操る方法

あなたは、毎朝、どうやって起きていますか?

子どもの頃なら、親に起こされていたかも。

大人なら、目覚まし時計のけたたましい音で起きているかも。

あるいは、スマホのバイブレーション機能を目覚まし時計代わりにしている人もいるでしょうね。

私は、最近、朝日が上るのが早いので、日差しや鳥の鳴き声で目がさめることが多いです。

セミの声ですね。

さて、ここ数ヶ月、感謝し続けるワークを続けています。

これが、なかなか良い結果を生んでいます。

今朝は、久しぶりに目覚まし時計の音で目が覚めました。

だいたい、音がなる前に目がさめることが多いのです。

普通、目覚まし時計で目がさめるということは、よく寝ているところを無理やり起こされるわけです。

だから、ああ、もう少し寝ておきたかったとか、まだ眠いのにといったマイナス感情が自動反応として出てきますね。

ところが、今朝は違いました。

ああ、寝坊せずに起きれて良かった。ありがとう。

そんな反応が自動的に起きたのです。

起きがけは、まだ健在意識が目覚めきっていないので、潜在意識優位の時間。

感謝の気持ちが自然に出てきた自分にマインドフルに気づき、ニヤリとし、感謝しました。

感謝のワークは、効果的なのですが、マインドフルネスと組み合わせることでさらに効果が早まります。

物事をジャッジせずに受け止めることをマインドフルネスで訓練し、感謝という選択を意図的に繰り返すことがポイント。

これにより、自動反応(マインドトーク)が変わります。

自動反応が変わると、世界を見る視点が変わります。

そうすれば、行動が変わります。

行動が変われば、人生が変わります。

感謝感謝です。

<今日のポイント>
感謝とマインドフルネスでマインドトークを変えよう。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ