ホントに?お客様のために幸せを祈る料理店

こんにちは。マインドフルネスやフューチャーマッピング(全脳思考)、行動する読書会、クラウドファンディングを通して人生を幸せに生きる方法を広めているKONです。

ホントに?お客様のために幸せを祈る料理店

そろそろ、花粉症の方は気が気じゃない季節ですね。

私も花粉症がひどかったのですが、数年前に本で読んだタッピングセラピーを自分に試したところ、花粉症がかなり軽減されて、ここ3年ほど病院に行かずに過ごしていました。

今年は、ちょっと事情があり、久しぶりにかかりつけの耳鼻科に行ったのですが、そうしたら、先生がだいぶ痩せていました。

おまけに忙しいのか、前の患者さんについてカルテにいろいろ書き込んでいる時に、考えていることが全て言葉に出ていました。

その様子を見ながら、あー、先生思考だだ漏れや。疲れてるんかなあと、逆に心配してしまいました。

そういえば、花粉症というのはインドにもあるのでしょうか?

なんか、国民がたくましいのでなさそうなイメージです。

なぜインドかというと、先日、フューチャーマッピング(全脳思考)の読書会&ミニ実践会を開催した時に、インド人の可愛らしい女の子が参加して下さったのです。

私の知人の知人ということで、参加いただきました。

日本語は、聞き取りは大体わかるけど、話すのがまだ片言なので、英語を交えたり、片言の日本語で話したりしてコミュニケーションしました。

彼女は、お父さんがインド料理のコックさんで、一緒にお店を手伝っています。

で、何かの話で、彼女が人知れず、お客様が来店すると必ず、お客様が幸せでありますようにとお祈りを捧げているという話になりました。

それは、お客様には言わず、こっそりと気付かれないように祈っているらしいのです。

なんて素晴らしい心がけでしょう。

とっても感動しました。

また、読書会で皆さんの達成したい未来についてお話ししていると、多くの方は、自分が幸せになることで、周りの人が幸せになるという事をおっしゃるのですが、このインドの女の子は、周りの人にハッピーになってほしい。それが自分の夢だというのです。

周りがハッピーになると自分もハッピーだからと。

その話を聞いて、思わず読書会のテーマからは離れて、マインドフルネスの話をしてしまいました。

マインドフルネスの練習の一つに慈悲の瞑想というのがあります。

これはまさに、彼女がやっていることと同じです。

すれ違う人、嫌な同僚、親兄弟、皆さんに対して「この方の人生が幸せでありますように」と心の中でつぶやくのです。

そうすると、自分が幸せになってきます。

また、なぜか人間関係が良くなってきます。不思議です。

マインドフルネスは、いろんなところに通じているなあと感動したエピソードでした。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスで幸せな毎日を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ