プレッシャーに負けて泣き出してしまった。でも、もう負けない。

こんにちは。マインドフルネスやフューチャーマッピング(全脳思考)、行動する読書会、NLPなどを通して人生を幸せに過ごす方法をお伝えしているKONです。

今日は、消せるボールペンの三色ペンを買いました。

7つの習慣で有名なフランクリン・プランナーを使っているのですが、シャープペンで書くよりも、色分けして書いたほうが分かりやすいですね。

そういえば、斉藤孝さんが3色ボールペンを使って、本に線を引くとよいと書いていましたね。

プレッシャーに負けて泣き出してしまった。でも、もう負けない。

先日、友人がある地方選挙に出馬することになったと書きました。

その後援会が開催した選挙応援会に参加したのですが、初めて、そういった選挙の場を体験しました。

100人近い人が会議室いっぱいに集まり、熱気にあふれていました。若い人、お年寄り、女性も男性も。

みなさん、地元を良くしたい、あの人ならなんとかしてくれるという思いで集まっていました。

友人が決意表明を話す前に5、6人の方が応援の言葉を話したのですが、みなさん、堂々としていて、いかに友人が良い人か、熱い思いを持っているか、行動力があるかといったことを話されていました。

会社の社長さん、元PTA会長、自治会会長など一人一人が選挙に出てもおかしくないくらいしっかりしている人たちです。

友人は愛されているなあ、と痛感しました。

そして、友人が話す時間がやってきました。

友人は小柄で、丸い顔立ち、くっきりした目の女性です。

その小さな身体からは想像できないほど、大きな声で堂々と、熱く自分の思いを語りました。

そして、そのコーナーが終わり、司会の方がマイクを握ったすぐ後に、もう一度友人が少し話をさせてくださいと言いました。

今さっき、堂々と大きな声で偉そうに決意表明しましたが、本当は辛いことがいっぱいで、逃げ出したいと思っているヘタレな自分なんですと。

友人は涙ぐんでいました。

「しんどくて、ここにいる、ある人に泣き言を言いました。
きっと叱られると思ったけど、逆に励まされ、応援しているからと暖かく包んでくれました」

だから、選挙までもう、後ろを振り返らず精一杯走り抜けますと宣言しました。

今回の選挙、実績のある議員が立候補を予定していると伝わっていて、素人の友人はかなり厳しい戦いになっています。

きっと、心の中では応援者の気持ちを考え、そしてこの厳しい状況を考え、板挟みでプレッシャーになっていたことでしょう。

まさに、マインドトークでぐるぐると悩んでいたに違いありません。

でも、正にこの時、マインドトークを断ち切り、マインドフルに状況を見て、精一杯できることをやろうと選択したのです。

素晴らしいと思いました。

これからの選挙戦、ますます厳しくなり、ぐるぐるとマイナス思考が始まることがあるかもしれません。

でもそれは、自分の想いではなく、単なるマインドトークだと観察して、そのしんどさやプレッシャーが小さくなっていくのを見届けてほしいと思います。

これは、選挙に限らず、あなたがプレッシャーに負けそうになったときにも当てはまる話です。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスでしあわせな毎日を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ