やり抜く力を身につけるために

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせて、あなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

やり抜く力を身につけるために

6月の晴れた気持ちのいい土曜日、神戸でやり抜く力を身につける読書会を行いました。

アンジェラ・ダックワーズさんという大学の先生が書かれた本で、去年のリーディングファシリテーターが選ぶベスト本に選ばれた一冊です。

世界中でベストセラーになっており、天賦の才能よりもやり抜く力こそが成功の秘訣だと説く本です。

読書会では、やり抜く力の大切さやどのようにしてそれを得るのかといったことを探りました。

その中で、印象的なことがいくつかあります。

まず、やり抜く力は、環境や努力で後天的に伸ばすことができること。

つまり、あなたもやり抜く力を得られるのです。

そして、やり抜くために最も大切なことは、「目標設定」であること。

心の底からあなたがやりたいと思い、情熱を燃やせることを見つけることが、目標につながるのです。

もし、あなたがやりたくもないのに誰かから強制されて、何かに努力しても、なかなかやり抜くことはできないのです。

例えあなたが器用で、そのやりたくないことを上手くこなせるとしても、ダメなのです。

逆に情熱があれば、多少下手でも良いそうです。

また、目標は、映画や小説のように雷に打たれたごとく、見つかるものではなく、興味があることを長くやっていくうちに段々とこれだ!と思えるようになるのが普通だそう。

私の場合、マインドフルネスも動画も農業も全てこれに当てはまります。

ゴール設定が全てのスタート。

これは、読書会にも人生にも当てはまるのだと納得した。

〈今日のポイント〉
やり抜くためには、情熱を燃やせる目標を見つける。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ