くやしー!!持ち家があれば幸せになれるのに!

こんにちは。

寒いですね。
いつも、スクーターを愛用しているのですが、こう寒いと辛いですね。
そういえば、二十代の頃、初日の出を見に行こうと友人とバイクで神戸の六甲山まで行きました。多分ロープウェイの駅まで行ったと思うのですが、路面凍結してましたね。

軽く滑りました。

幸い、転倒はしなかったのですが、アホですね。

くやしー!!持ち家があれば幸せになれるのに!

結局、天気が悪くて日の出は見れず、あまりの寒さに山頂の食堂でうどんに七味トウガラシを山ほど入れて食べたら、腹が痛くなるというオチ。

アホですね。一昨日も腹痛の話を書いたような気がします(笑)

さて、バイクといえば一応、動産ですね。でも、資産の中で一番価値があると思うのが不動産ですね。

あなたは、マンションや土地、戸建てなど不動産はお持ちでしょうか?

地方によっても持ち家かどうかは変わりますね。
都会は高いので賃貸で通勤に便利なところに住む人も多いです。

年齢によっても持ち家に対する価値観が違います。
高度成長期に働き盛りを過ごしていた人は、いい学校、いい会社、結婚、持ち家一戸建てが幸せだという価値観を持っていました。

知人の男性で、持ち家でないことにものすごくこだわっている人がいます。
もう、80代手前です。

そんな年齢になると、こだわりもなくなり、悩みもなくなるかと思っていましたが、そうではないようです。

昔、仕事で負債を抱え、持っていた家を売ったそうです。
それから、頑張って借金を返して、今は、一見、平和な暮らしをしています。

普通にご飯も食べられるし、家族も孫もいます。

でも、持ち家じゃないことに囚われているのです。
元気なのに家にこもりがちなので、外に出て友達と交流するとか、ふれあい喫茶的なもので人と話したらと周囲が勧めますが、きっと、周りの人はみんな持ち家だから、話が合わない。

自分が借家暮らしなのがバレるのが嫌だと、出ていかないのです。

東日本大震災では、持ち家の多くが流されたり、崩れたりしました。
阪神淡路大震災でも同じです。

借金だけが残り、更に家を再建しなければいけないという二重ローンを抱えている人がたくさんいるのです。

また、これから顕在化してくると思いますが、今後、マンションは不良資産化する可能性があります。
古くなり、売れに売れなくなり、建物の維持費に大きな費用がかかり管理費を上げたいけど、住民の合意が得られない。

建て替えをしようとしても、高齢の人は、今更、新しくするよりも先が長くないから今のままでいいと言います。
住民間で対立して、もめるマンションも多くなるでしょう。

さらに、少子化でこれからは、不動産の価値が上がりにくくなるでしょう。
逆にマイナスになるかもしれません。

つまり、持ち家はリスクの時代がやってきているのです。
なのに、持ち家にこだわっている。

これは何故だと思いますか?

結局、その人の思い込みなんですね。
持ち家があれば自慢できる、人並だ、幸せになれる。。。そう思い込んでいるのです。

そういった人に、周りの人は変わってほしいと説得しがちですが、正直、難しいでしょう。
本人が変わろうと思っていない人は、変えることは出来ないのです。

でも、こんな考え方があるよ、こんな方法があるよと教えてあげることはムダではないです。
時期が来れば、思い出して、その方法を試すようになるでしょう。

マインドフルネスの訓練では、こういった思い込みを段々となくしていきます。
思い込みはマインドトークの繰り返しで出来上がっているのです。

それは、あなたの考えではなく、幻想です。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスでしあわせな毎日を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ