うわあ。今日も皿洗いかよ。

こんにちは。マインドフルネスを中心に人生を幸せに
過ごすための方法や情報を広めているKONです。

職場で電話をかけながら、机上にあったipad miniの上に
手をぎゅっとおいたところ、突然、siriが喋りだし、
注目が集まってしまいました。さすがにちょっと恥ずかしかったです(笑)

うわあ。今日も皿洗いかよ。

さて、今日はマインドフルネスで家事がうまくいくお話です。

うちの妻は、ずっと専業主婦だったのですが、
ようやく子供の手が離れてきたので、
1年ちょっと前から仕事に行くようになりました。

まあ、パートなのですが、やっぱり働いてきて帰ってから
家事をこなすというのは、しんどいものがありますよね。

今まで我が家は、基本的に家事は妻がしていたのですが、
さすがにSOSとなりました。

といっても、私もほとんど家事はしたことないし、
子供にあれこれ手伝えといっても、文句ばっかりで
なかなか進まない。

妻はかえってストレスがたまると逆にイライラする。

そこで、考えましたよ。何かいい方法はないかと。
で、思いつきました。

家事のゲーム化です。

ここでその内容を書き始めるとそれだけで一日分の記事になるので
それは、またの機会にして、今回はその後の話です。

結局、私は食後の食器洗い担当になったのですが、
これがなかなか、最初は面倒なんですね。

忘れることもあるし、腰を上げるまでが一苦労(笑)

面倒だなあというマインドトークが出てくるわけです。
ともすれば、家事をやってやってるという上から目線のマインドトークも出てきます。

人間って本当に色々汚れてますわ(笑)

また、皿を洗っている間にも、水が冷たい、汚れが取れないとか
いろいろマインドトークが出てきます。

でも、お皿洗いは、絶好のマインドフルネス瞑想の機会なんですね。
生活瞑想ってやつです。

なので、皿を洗ってマインドトークが出てきたら、
皿に戻る。また出てきたらお皿に気持ちを戻すということを毎日やっています。

そうすると、だんだんとマインドトークを観察することもうまくなってくるし、
まったく、面倒だという気持ちがなくなってきたのです。

それどころか、最近は、何かの拍子に妻がお皿を洗おうとしたり、
洗い終えていたりすると、自分の仕事を奪われたような喪失感の
マインドトークが出てくるようになってきました。

人間は、習慣の動物であり、マインドトークは手強いなあと感じます。

子供たちもそれぞれにお手伝いの役割を持たせて、
かなり習慣化してきました。

家事の分散ができて、マインドフルネスの練習にもなって一石二鳥です。

ぜひ、マインドフルネスを生活に取り入れてみてほしいと思います。

そんなマインドフルネスについて学び、体験することができる
体験会に&読書会を神戸で行います。

よろしければ、ご参加下さい。

Facebookイベントからお申込みいただけます。

マインドフルネスを体験する読書会FBイベントページ終了しました。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスでしあわせな人生を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ