うつには、見上げる法則

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

うつには、見上げる法則

マインドフルネスを実践していくと、感情と身体のつながりに気がつくことが多いでしょう。

感情は、身体から発生し、身体を整えることで感情も整う。

そして、身体は食から出来ており、添加物ばかりの食事は身体を不健康にし、感情も不健康になっていきます。

感情について書かれたベストセラー「青い象のことだけは考えないで」という書籍があります。

ドイツの人気マインドリーダー(メンタリスト)であるトルステン・ハーフェナーさんが書いた本です。

この本には、気付かされることが多いのですが、アメリカのクリニックの面白い事例が紹介されていました。

それは、アメリカのクリニックでは、うつ病の患者に首のコルセットを与えるところがあるというエピソードです。

首のコルセットにより、患者は常に上を向くように顔を固定されます。

そうすると、下を向けなくなります。

数日も経つと、患者の気分が格段に良くなり、治療が終了するというのです。

コルセットだけで治療が終わるのかどうか、薬も併用しているのかまでは書かれていませんが、身体と感情が結びついている良い例です。

アメリカの電話悩み相談でも、上を見上げるという方法が応急処置に使われているそうです。

自殺する可能性がある人が悩み相談の電話をかけてきたら、まず「天井を見てください」と伝えるそうです。

昔、売れた本で上大岡 トメ さんの「キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法 」という書籍にも同じような話があります。

というか、表紙になっていますね。

拳を握り、上に突き出し、顔を上に向けて仁王立ち。

これだけで気分が上向くというものです。

また、緊張して不安が高まっているときは、身体を緩めるとリラックスできます。

だらりと両手を体の前に下ろして、身体もだらりと前屈。顔の筋肉も体の筋肉も緩めると、小さなこだわりなんてどうでも良くなってきます。

身体と感情は結びついているのです。

身体をうまく利用することで感情もうまくコントロールできるんですね。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

■初心者限定!1分間PR動画ラクラク作成 読書会&ワークショップ

あなたは、動画PRについてこんな思い込みをしていませんか?

□高いスキルが必要だ
□高い機材が必要だ
□時間や手間がかかる
□出演者はルックスがよく、話がうまくないといけない
□高い費用がかかる

こんな思い込みを持つあなたに来ていただきたいのがこのイベント。

素人でも安い機材でも、動画PRの最初の一歩が踏み出せる読書会&ワークショップです。

教科書は拙書「1人でできる! 3日で完成! 事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック」。

今回は特別プレゼントとして、文章だけでは伝わりにくいとボツにしたプランニングの方法も
ワークショップ形式で著者自らお伝えします。

今回は、3回シリーズの第1回。企画・プランニング編。単発参加もOKです。

日時:11月5日(土)13:30-16:30
場所:JR神戸駅近く
定員:15名
参加費:5,000円(2,160円(税込)の書籍付き)
持ち物:筆記用具
申し込み:
https://www.facebook.com/events/188511841575958/

または、

https://www.read4action.com/event/detail/?id=4561

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ