あなたは間違った予想で不幸を選ぶ

こんにちは。

Googleが採用している心の整理術、マインドフルネスと感謝の力を組み合わせてあなたのワクワクする夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

あなたは間違った予想で不幸を選ぶ

気が重い。。。

でも、役割なので仕方なくインターホンのボタンを押す。

不機嫌そうでくぐもった男性の声がする。

私たちは、支払いの催促にきたのだ。

玄関の扉がゆっくりと少しだけ開く。

ボサボサの髪の毛の男性。私よりも少し若い。

男性は、なぜ私たちが来たのかを分かったようで、申し訳なさそうにもうすぐ払いますと言う。

私たちも男性が仕事に困っていることを知っているので、それ以上は追求できない。

若い頃に経験した実話です。

当時、私は集合住宅の管理組合の役員にあたっていて、管理費滞納者へ回収の催促に行ったというわけ。

その人以外にも何人かが滞納をしていて、ひどい人は10年間くらい滞納。

しかも、持ち主が住んでいるわけではなく、持ち主から借りた人が住んでいるから、催促にもいけない。

その時、これは、集合住宅はやばいんじゃないかということに気づきました。

住人が高齢化して、滞納者が増えていくんじゃないかと。

そう思って調べると、そんな本や情報ばかりが目につく。

結局、集合住宅は、これから滞納問題で面倒なことになっていくと確信。

しばらくして、戸建てに引っ越すことにしました。

それから、数十年、集合住宅の管理費滞納問題は、たまに新聞などで話題になることはあっても、まだ、おおむね大丈夫なようです。

こんなふうに、私たち人が未来を予想する時、かなり偏った予想しかできないようです。

これは、ポジティブ心理学の本やミニマリストの本を読んでいて知り、このエピソードを思い出したのです。

ある本には「未来の射程距離は短い」とありました。

だから、私たちは何かを欲しくなる時、それが手に入ればきっと幸せになれるだろうと予想してワクワクして買うわけですが、手に入ってみると、意外にそうでもないことが多いのです。

物だけでなく、仕事を選ぶ時、どこかに出かける時など、いろいろなものに当てはまります。

経験者に話を聞いてみるとか、第三者に聞いてみるなど、できるだけ客観的に予想したいものです。

<今日のポイント>
未来の射程距離は短い。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■橘玲さんの『幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」 』を使った読書会を開催します。
詳細は下記で

8月27日(日)13:30から
神戸元町周辺にて

https://www.facebook.com/events/241406679694483/
または、
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5254

■本は、読んでこなくてOKです。読んでいないほうが楽しめます。
■普段本を読まない方、人見知りの方、大歓迎です。
楽しく気づきを得ることが出来る場です(^^)

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ