あたかも ごっこがおすすめの理由

こんにちは。

Googleが採用している幸せになる心の整理術、マインドフルネスを使ってじっくりとあなたの夢を見つけ、その実現を支援しているリボーンメソッドの小西イサオです。

あたかも ごっこがおすすめの理由

Amazonプライムビデオを見ていると、子供の頃に見ていた番組がたくさんありました。

赤いボディ、足の代わりに車輪が出てきて走ることができる。

背中からプロペラが出てきて、空も飛べる。

ガソリンで動作して、コンピュータがぎっしり。

でも、どこか抜けていて、失敗ばかり。

そんなす主人公が活躍する子供番組を覚えていますか?

がんばれロボコンです。

好きだったなあ。

今見ると、特撮はちゃちいですが、のんびりしていて、ほのぼのしますね。

そういえば、子供の頃は、いろんなごっこ遊びをしました。

ミニカーを床に広げての車ごっこ?

木の上や原っぱに穴をほって基地ごっこ。

自転車でレースごっこ、ヒーローになりきったりもしました。

こういったごっこ遊びは、大人になっても使えるんですよ。

もし、あなたが毎日つまらないと思っていたら、

「楽しい人ごっこ」

をしてみるのです。

口角を上げて、楽しくなくても笑顔を作ってみる。

つまらない仕事でも、声に出して、仕事がやりがいにあふれていてうれしいなあと言ってみる。

ごっこ遊びなので、ホントはつまらないと思わなくて良いのです。

だって、遊びなんですから。

通勤で歩いている時も、楽しい人になりきって、楽しそうに歩いてみる。

あいさつだって、気持ちよくしてみる。

そうしたら、ホントに楽しくなってくるから不思議。

そういえば、笑いヨガというヨガがあります。

わたしも体験したことがありますが、面白くなくても笑うのです。

最初は、恥ずかしいし、馬鹿らしいと思うのですが、それをずっとやっていると、ほんとに楽しくなって笑えてきます。

病は気からと言いますが、逆も同じ。ごっこ遊びで無理にでも楽しく振る舞えば、明るい人生が遅れそうですね。

<今日のポイント>
楽しい人ごっこをやってみる。

では、あなたの人生も幸せでありますように。

■6月「やり抜く力」読書会
成功するために、才能よりも努力よりも
運よりも必要なこと。それがやり抜く力。
やり抜く力が欲しい人は、ぜひご参加ください。

6月17日(土)午後 神戸元町周辺にて
https://www.read4action.com/event/detail/?id=5110

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ