あしたのジョーの方程式

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している幸せのメンタルトレーニング、マインドフルネスを中心に人生を自由に幸福に生きるコツを広めている小西イサオです。

あしたのジョーの方程式

今回は、最近読んだ本「あしたのジョーの方程式」から、気づいたことをシェアしたいと思います。

あしたのジョー、ご存じですか?

40代以上の人なら知っていますよね。

梶原一騎が原作、ちばてつやが作画をしたボクシング漫画の名作です。

荒れた少年だった矢吹丈が、元ボクサーの丹下段平やライバル力石徹と出会い、プロボクサーとして苦労を重ねながら強敵と戦う話です。

力石徹は、ジョーとの試合後に亡くなり、続くライバルのカーロス・リベラは、パンチドランカーになり、最後はホセ・メンドーサというジョーとは非対称なボクサーとの壮絶な試合になります。

真っ白になったジョーが「燃えたよ…まっ白に…燃えつきた…まっ白な灰に…」とつぶやいている(?)シーンは、あまりにも有名です。

この本では、漫画家の島本和彦さんが、編集者のサカキバラ・ゴウさんと対談しながら、あしたのジョーの魅力と作者が何を言いたかったのかを探る本です。

あしたのジョーというくらいなので、この漫画では「あした」が一つのテーマになっています。

そして、物語の最初で、ジョーは、家族がなく施設で育ち、少年院に入るなど、希望のない人生を送ってきたと描かれています。

そんなジョーが力石との出会いで、力石こそ「あした」だと感じるわけです。

島本和彦さんも書かれていますが、スポーツ漫画というのは、主人公に何かの目標があるものです。

世界チャンピオンになるとか、リーグ戦に勝つとか。

試合でなくても、物語というのは、何かを克服するものが王道です。

しかし、矢吹丈は、世界チャンピオンを目指しません。

あくまで、目の前の力石を追いかけ、闘いたいと思うのです。

そして、力石が自分との試合で死んでしまい、目標を失います。

その後、カーロス・リベラというライバルが現れ、もう一度、ボクシングに打ち込みます。

しかし、ここでもジョーは、世界チャンピオンを目指しているわけではなく、カーロス・リベラと闘いたいという動機です。
カーロス・リベラは、力石に代わる「あした」だったのです。

カーロス・リベラは、その後にバンタム級チャンピオンのホセ・メンドーサのコークスクリューパンチを浴び、廃人になってしまいます。

それを知ったジョーは、ホセ・メンドーサと戦うのですが、ここだけは、先の二人とは少し違うのです。

なぜなら、ホセ・メンドーサは、ジョーの「あした」ではないのです。

ホセ・メンドーサは、家庭的で、沈着冷静な頭脳とハードパンチを持つ職業としてのプロボクサーなのです。

それに対して、矢吹丈は、野生児です。少年院流です。

それ故に、あの有名なラストシーンが難解になっているのです。

ジョーは死んだのか?試合には負けたけど、主人公が負けて終わるなんてどういう意味なのか?

負けているのに、なんだか充実した読後感はなんなのか?

この本の解釈では、ジョーは試合には負けていますが、最後の最後まで自分の闘い方、つまり野生児で少年院流の生き方を貫いた、自分の生き方で生き抜いたと言っています。

だから、真っ白に燃え尽きて、爽快感があるのだと。

うーん、うなりました。なるほど、そういうことかと。

これは、お金や名誉や地位を求めて競争している人々へのアンチテーゼなのです。

オレは、オレの生き方を貫く。

それは、目の前のことを必死にやり、流されず、ブレず、生ききることなのです。

ああ、私の「あした」は、どっちだろう(笑)

あなたの「あした」は、どっちですか?

あなたの人生も幸せでありますように。

======================================
今後のイベントなど
======================================

■本でAHA!!体験ができる。Let’s朝活@TSUTAYA読書会&『1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック』発売記念、著者が語るここだけの裏話

6月11日に
『1人でできる!3日で完成!事例で学ぶ
1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック(発行 ペンコム、発売 インプレス)』

という書籍を友人との共著で発売させていただくことになりました。

今回の読書会は、ファシリテーター仲間がメインファシリですが、最後の30分ほどお時間をいただいて、この本を発売するに至った経緯であるとか、この本で伝えたかったこととか、出版するまでってどんなことをする?のといった個人的な体験をお話します。

日時:6月12日(日) 10:30ー12:30
場所:TSUTAYA EBISUBASHI 6階イベントスペース
大阪市中央区道頓堀1-8-19
定員:30名様
持ち物:今年読んだあなたの一押しの書籍1冊以上。
 (ビジネス本や自己啓発本だけでなく、小説・絵本もokです)
カラーペン。
参加費:2,000円

https://www.facebook.com/events/974909689291062/
もしくは、
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=2277

■成功を手に入れる 7つの習慣ボードゲーム&読書会 第2回
7つの習慣というのは、全世界3000万部以上を売り上げるビジネス書のロングセラー。

7つの習慣は、手帳術や時間術のことでしょと思っている人が多いと思います。
 
でも、実は、単なる時間術や手帳の使い方ではなく、人生にとってめちゃくちゃ大事なこと、成功哲学が書いてる本なんです。このボードゲーム&読書会では、7つの習慣を知識として学び、ゲームで腹に落とし、明日から使えるようになることを目指します。

日時:6月11日(土)13時30分から17時00分(ゲームの進行により延長、短縮します)
場所:JR神戸駅近く(参加者へ直接お知らせいたします)
定員:12名様
持ち物:7つの習慣シリーズのいずれかの本(マンガ版、ティーンズ版等どれでも構いません。未読でもOKです)、カラーペン、筆記用具
参加費:3500円(お釣りのないようにご用意いただけると幸いです)
申し込みは下記から。
https://www.facebook.com/events/189118341465399/
もしくは、
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=2087

■引き寄せの法則を実践する読書会&願望実現シータヒーリング体験会

前回はあっという間に満席になった人気企画の第2回です。
今回は、シータヒーリングの願望実現も体験できて、前回よりも値下げという
贅沢なイベント。

日時:6月25日(土) 13時30分から16時30分(終了時刻は延びることがあります)
場所:JR神戸駅近く(参加者に直接お知らせいたします)
定員:先着14名様(ファシリテーター、講師を除く)
参加費:3,500円
持ち物:カラーペン、引寄せの法則に関する本1冊
ファシリテーター
(社)ReadForAction協会認定 リーディングファシリテーター 小西イサオ
THInK認定シータヒーリングインストラクター 小川弘子
申し込みは下記から。
https://www.facebook.com/events/849307661881078/
もしくは、
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=2109

■「最強の食事と普通のご飯。そして、食べる瞑想」な読書会。

美味しい食事、食べる瞑想と読書会をドッキングさせた会です。食について学び、健康的な食事をし、食べる瞑想で気づきを深めましょう。

テーマ本「最強の食事」紹介:シリコンバレーで成功したITの寵児が、15年間、約3000万円をかけて食、脳科学、栄養学、生化学までを研究、総合、そして自らの体で実験して答えを出した「食と体の真実」とは?

日時:7月9日(土)10時30分から13時30分
場所:JR神戸駅近く(参加者に直接お知らせいたします)
定員:先着10名様(ファシリテーター、スペシャルゲストを除く)
参加費:3500円
持ち物:カラーペン、課題本「シリコンバレー式自分を変える 最強の食事」
申し込みは下記から。

https://www.facebook.com/events/791199834313887/
もしくは、
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=2240

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ