【読書】次世代の読書とは何か知っていますか?

こんにちは。

GoogleやIntelが人材開発に採用している心の整理術、マインドフルネスを中心に幸せに楽しく生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

どうも最近、長く寝ようと思っても早めに目が覚めてしまいます。
これは、老化でしょうか(笑)

【読書】次世代の読書とは何か知っていますか?

さて、ここのところ、行動する読書会、Read for Actionの話題が続いていますが、もうしばらくお付き合いください。

ちなみに、なぜマインドフルネスと読書会なのかというと、必然なのです。

マインドフルネスは、マイナスな状態をゼロに持っていくイメージです。
心を整え、安定させると言えばいいでしょうか。

そして、心が安定してくると、本来自分がやりたかったことがはっきりとして来ます。

そこで、読書会やフューチャーマッピングです。どちらも何かやりたいことを行動に移すために、計画をしたり気づきを得たりするためにぴったりです。

ということで、今回はなぜ、いまさら読書なのかをご紹介します。

今の時代、本が売れないとか、活字離れとかとよく言われます。

確かにネットで簡単に情報が手に入るので、本の相対的な位置は下がっているでしょう。

また、本で勉強した知識を披露して、周囲から賞賛されるということも減ってきているでしょう。

だって、ネットで調べれば、あらゆる情報が手に入るのですから。

将来的には、医者や弁護士はビッグデータを活用した人工知能に代わられるという予測もあります。

ビジネスの現場では、そういった旧来の記憶力がいい人材は、だんだんと求められなくなっています。

なぜなら、現代は、予測不可能で不安定な世の中だからです。

このキーワード、マインドフルネスが求められる理由と同じです。

でも、私たちが行っているRead for Actionの読書会は、知識を頭に詰め込むための読書ではありません。

知識創造型の読書なのです。

流行の言葉で言えば、イノベーションの種を見つけるともいえますね。

知識創造型の読書には、3つのポイントがあります。

一つは、目的を持って読む。二つ目は、大勢で読む。三つ目が、行動に移してみる。

それぞれ、どんな内容なのか、続きは次回にしたいと思います。

また、大阪で5月9日に著者参加の読書会&ワークショップを行います。
残席わずかになっていますので、ぜひ、ご確認下さい。

■facebookイベント
https://www.facebook.com/events/1632563813645456/

■Read For Actionでの紹介ページ(facebookと同じ内容です)
http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1069

では、あなたの人生が幸せでありますように。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ