【虐待】子育てのイライラを解消する方法

こんにちは。

Googleも採用している心の整理術、マインドフルネス。引き寄せを起こす行動計画フューチャーマッピング(全脳思考)、行動する読書会などを通して、幸せに生きるコツを広めている小西イサオです。

私は、趣味で映画を作っているのですが、次回作の編集作業がいよいよ大詰めを迎えています。

8ミリフィルムでアニメを作るところから始まり、学生時代は、クラブで映画作りに励み、その後、映像の仕事に就きました。

子育てのイライラを解消する方法

諸事情あって、映像作りは趣味になりましたが、やっぱり、楽しいですね。

今参加している団体は、元々松竹や東映の現場で働いていた人が参加していて、しっかりしている方だと思います。

5月頃には上映会をする予定で、これから音楽を入れたり、画質を調整したりという作業になります。

ここ10年ほどで映像制作の環境が大きく変わり、一昔前のプロレベルの作業が家庭でできるようになりました。PCの進歩は凄まじいですね。

さて、その割りに進歩していないのが、子育てです。

我が家には3人子供がいて、下の二人は双子です。

双子って夢があって、なんだか楽しそうで憧れる人もいますね。

でも、理想と現実は大違い。

実はかなり大変だったりします。もちろん、楽しいこともいっぱいあります。

でも、特に生まれてからの一年は本当に大変です。

乳児の時は夜中でも3時間おきに授乳が必要ですが、これが2人になるとどうなるか。

最悪、1時間半おきに授乳になります。毎晩毎晩、寝れません。

少し大きくなって歩き始めるとどうなるか、1人が走って行ってそっちを追いかけていると、もう1人が別方向に走り始めます。

危ないったらありゃしない。

2人いると心強いのか、いたずらもエスカレートします。

離乳食をその辺にまき散らす。二人でまき散らす。
きゃっきゃと喜びながら。ジーザス!って感じです。

お風呂に入れるのも大変です。

2人を湯船につけて、身体を洗っていると、自分の体はすっかり冷え切ります。

お風呂は、夫婦で連携して、子供をパスしていかないと、なかなか自分が服を着るところまでたどり着きません。

とまあ、挙げればきりがないですが、とにかく大変です。

悲しい話ですが、双子の家庭は虐待の割合が多いです。

1人でも大変なのに、2人なんてと思っている方もいるでしょう。

双子を育ててきて、思ったのが、手を抜かないとやっていけない。

そして、大変なことを楽にするために工夫して、それを楽しんでいくと、ラクになる。

ということです。

授乳時に氷嚢釣りに哺乳瓶をぶら下げて飲ませたり、飛び出していかないように子供に紐をつけたり、入ってはいけない部屋には、柵をしたり。

なんか色々工夫して、楽しんでいました。

もし、あなたが今、子育てをしていて、虐待しそうなら、まず、手を抜くことです。

そして、適当でもなんとかなると思って、やってみることです。

もし、ご主人にヘルプを頼めるなら、具体的に何をどうして欲しいかを説明して頼みましょう。

男の人は、漠然と言われてもわからないのです。

なかなか、そういう心境になれない方もいるでしょう。

そんな時は、マインドフルネスです。

自分の感情を見つめ、観察して心を整えましょう。

ぜひ、やってみて下さい。

ブログの左上か右上にマインドフルネス入門の無料レポート請求ボタンがあります。ご活用ください。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスでしあわせな毎日を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ