【自動思考】典型的なマインドトークを体験

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している心の整理術、マインドフルネスを中心に人生を幸せに生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

マインドフルネス以外にも、本気で変わりたい人のための行動イノベーションや行動する読書会、Read For Action、潜在意識を活用して引き寄せを起こす行動計画を作るフューチャーマッピングなども活用しています。

週末、9年間乗り続けた愛車のスクーター、ヴェクスター150を廃車にしてきました。

走行距離50808.1キロ。150ccという中型バイクにしては小さなエンジンでよく長い間走ってくれました。キャブレーターが壊れ、その前もガソリンのホースがだめになり、もうすぐタイヤも交換だったり、そろそろベルトも交換という時期で、メンテナンス代を考えると新車を買ったほうがいいかと思い、泣く泣く手放しました。

別れの時は、思わぬ形で訪れるものです。

【自動思考】典型的なマインドトークを体験

でも、愛着があるとはいえ、それを執着にしてしまっては苦しみを生むだけです。

だから、全ては移り変わる諸行無常と思い、手放してきました。

さて、手放すというのは、マインドフルネスに通じます。

マインドフルネスは、執着を捨てることにつながりますので、まさに、その訓練が今回の別れにも活きました。

そういえば、マインドフルネスとは切っても切れないマインドトークについて、いい経験がありました。

昨日の朝のことです。

ラジオを流していると、番組の中でドーパミンがなんとかという話をしていました。

知ってますか?ドーパミン。

新しいものを見た時や体験した時などに脳内で分泌される神経伝達物質です。

快楽ホルモンと呼ばれたりするもので、恋愛したり、やる気が出てくる時などに多く分泌されます。

そのドーパミンという言葉を聞いて、先日見た、テレビ番組のことを思い出しました。

脳科学者の茂木健一郎さんが、回らない回転寿司屋さんをレポートしていた番組です。

その中で、お寿司屋さんの新しいメニューや寿司を運んでくる装置を見て、茂木さんが「こういう体験でドーパミンがどんどん出る」というようなことをお話されていました。

だから、ドーパミンつながりでその番組を思い出したのです。

で、その流れで、お寿司屋さんの事を思い出し、今は、あえて回転させずに、注文を受けてからそのテーブルに寿司を届ける回転寿司屋が流行っているという事を思い出しました。

で、側にいた家族にそれを教えてやろうとしたところで、ハッと気づきました。

ああ、頭のなかの今の流れ、まさにマインドトーク!

ラジオのキーワードがきっかけになり、テレビ番組を思い出し、寿司屋につながり、それを話ししようとしたわけです。

典型的なマインドトークです。

一般のかたは、こういった思考をマインドトークや自動思考と呼ぶことも知りません。

だから、この考えを「自分」だと信じています。

でも、これは単に環境に反応して、連想ゲームをしただけ。「私」ではありません。

あなたもぜひ、自分のマインドトークを観察してみてください。

しあわせへの第一歩になりますよ。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

終了しました。
5月30日(土)神戸にて、マインドフルネスを体験する読書会を行います。

読書会と名前をつけていますが、体験講座のようなものです。詳細は、Facebookイベントをご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1593278614289721/

Facebookをされていない方は、下記からも申し込めます。

http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1064

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ