【経験談】マインドフルネスの訓練で心の癖に気づく

こんにちは。

Googleも採用している心の整理術、マインドフルネスや行動する読書会、未来を引き寄せる行動計画フューチャーマッピング(全脳思考)を通して人生を幸せに過ごすコツをお伝えしている小西イサオです。

昨日書いたUSJの話題をもう一つ。

USJ名物の綾小路麗華様をご存知でしょうか。

あのターミネーター2:3-Dの前説を担当している赤いジャケットの女性です。お客様いじりがおもしろいと話題になっていますよね。

【経験談】マインドフルネスの訓練で心の癖に気づく

あそこで上映されるサイバーダイン社のプロモーションビデオですが、10年前にはすごい未来だと感じていた製品の数々が、今や現実になってきていることに驚きました。

例えば、遠隔手術支援ロボットやテレビ電話、世界中どこにいても有名大学の授業が受けられ、そこにサイバーダイン社の技術が活かされているといった内容が紹介されていました。

でもこれって、今や現実にあることばかりです。わずか10年でこの進歩。恐ろしいですね。

さてさて、もう一ヶ月ほど前になりますが、マインドフルネスの中級講座を開催しました。

マインドフルネスを体験する読書会に参加された方を対象に、より実践を積むための連続講座を開催したのです。

その中で参加者の中から、感想をいただきました。

マインドフルネスな生活を1ヶ月ほど続けるとどうなるのか、参考になると思います。

その参加者は、30代の女性です。会社員をされています。

まず、日常生活の中で自分の思考の癖に気付いたそうです。

どういった時に嫌な感情が出てくるのか、決まった二つのパターンが多いと気付いたのです。

自分の思いがきちんと相手に伝わらなかった時にイライラするというパターンがひとつ。

そのパターンに気付いてからは、イライラをマインドフルに見つめ、イライラを増幅させることなく、対応することができるようになりました。

これは、すごい進歩だと思います。

まず、自分がイライラしていることに気付くことができる。

つまり、自分の感情を客観視できているということです。

客観視した時点でイライラは、半減します。感情に巻き込まれていては、客観視できないですからね。

どうやれば、感情に気づくことができるかというと、坐禅をはじめとしたマインドフルネスの訓練を積むことです。

感情は身体の変化と密接に結びついていますので、それに気づくようになれると、感情に気付きやすくなります。

この女性には、ぜひ、次はどうしてその感情のパターンが起こるのかを探求してみると、いろいろな発見があるとお伝えしました。

もし、あなたがいつも同じ感情のパターンで失敗しているなら、マインドフルネスをお勧めします。

このブログの上の方にマインドフルネスを学ぶための入門無料レポートがもらえるリンクボタンがあります。

ぜひ、ご請求ください。

では、あなたの人生が幸せでありますように。
マインドフルネスでしあわせな毎日を。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ