【瞑想】マインドフルな日々を手に入れ、人生の目的を

こんにちは。

GoogleやIntelがリーダーシップ開発に採用している心のトレーニング方法、マインドフルネスを中心に、人生を幸せに自由に生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

預言者ピッピというマンガをごぞんじでしょうか?

「僕と踊ろう」というギャグ漫画を描かれていた地下沢中也さんという方の作品で、ギャグ漫画とは打って変わったハードなSF作品です。

2巻まで出ていて、その後、何年も新刊が出ていないのですが、続きが気になります。すっごく面白い作品です。

【瞑想】マインドフルな日々を手に入れ、人生の目的を

さて、マインドフルネスというのは、心を今ここに、くっつけて、色々な感情に振り回されないようにするための方法です。

人間は、周囲からの刺激によって、自動的に感情を起こして、自分でも気づかないうちにマイナス思考、心配事を増やし、負のスパイラルに陥りがちです。

その自動反応に気づき、止めるための方法がマインドフルネスです。

あなたも、何か気になることがあり、どんどん悪い方向へ考えてしまうことはありませんか?

そんな、思考の癖を何とかしたいと思いますよね。

マインドフルになるためには、いろいろな訓練方法がありますが、一番の基礎は坐禅や瞑想です。

瞑想というと、オウム真理教事件の影響で怪しいとか、怖いというイメージを持たれがちですが、マインドフルネス瞑想は、宗教や洗脳とは全く関係がありません。

アメリカだけでなく、日本でも医療の一環として取り入れられている安全な方法です。

マインドフルネス瞑想を始められた方で、気をつけないといけないことがあります。

そもそも、瞑想は、今ここに注意を払うためのものですが、瞑想をすることでストレスを減らしたい、リーダーシップの力を伸ばしたい、引き寄せを起こしたい、人間関係を良くしたい、悟りを開きたいといった欲望を持ったまま瞑想してしまうケースがあります。

まず、瞑想中にそんな思いに執着していると、ちっともマインドフルな状態にはなりません。

瞑想中は、そんなものは手放し、ただ今ここに注意を払うようにしてください。

その上で、マインドフルな状態を日常的に作れるようになれば、自ずと自分がその能力をどう活かすかが見えてきます。

昨日、書いた「人生の目的が見つかる魔法の杖」という本にもありましたが、人生の目的は、頭で考えるものではなく、心で感じるものということと同じです。

車の免許を取る時に、車の運転方法や交通ルールは習いますが、車をどう使うかは、人それぞれです。

それと同じで、マインドフルネスのスキルを手に入れて、それをどう活かすかも人それぞれなのです。

マインドフルネス瞑想は、心や頭の大掃除のようなものです。ストレスをゴミ箱に捨て、整理整頓することで、感情に振り回されなくなり、日々の生活に幸せを感じるようになります。

その、フラットな状態から、あなたらしい人生の目的を見つけてみてください。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

追伸:マインドフルネスを体験する読書会を神戸にて開催します。
詳細は、Facebookイベントをご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1593278614289721/

Facebookをされていない方は、下記からも申し込めます。

http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1064

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ