【徒然】マッチポンプ?

こんにちは。

Googleが人材開発に採用している心の整理術、マインドフルネスを中心に自由に幸せな人生を歩むコツを広めている小西イサオです。

【徒然】マッチポンプ?

先日、タイヤが爆発した自転車、前輪も傷んでいたので、タイヤとチューブを新しいものに交換しました。

約7000円なり。

安い自転車なら1万円くらいで買えることを思うと、高いなあと思いますが、工賃も入ってますしね。

一度、自分で自転車のパンク修理をやったことがあるのですが、時間はかかるし、疲れるし汚れるしで、DIY好きな私としても、これはプロに頼んだほうがいいと思いました。

本当は、ロードレーサーなどについている細いタイヤをつけたかったのですが、普通の自転車なので、ホイールサイズが合わないということで諦めました。残念。

さて、今回は、マインドフルネスを広める活動をしている中で思っていることを書いてみます。

なぜ、別の仕事をしながら、マインドフルネスを広めることをしたり、読書会やフューチャーマッピング、行動イノベーション、映画作り、野菜作り、パン作りなんかをしているのかと言われます。

何者なんですか?何してる人なんですか?と。

また、得意なことを生かして、起業すればいいじゃないか、その方がもっと時間も取れるし、お金も入ってくるという仲間もいます。

確かにそうなんですが、どこか引っかかるところがあるんですね。

よく、投資の専門家です。投資の方法を教えますといって、一番儲かっているのは、教えることだったりする人がいますよね。

本末転倒というか、なんというか。。。(^^;;

マインドフルネスにしても行動イノベーションにしても、やっぱり、教える側がきちんと実践できてないとダメだと思うんです。

マッチポンプというか、レッスンプロ的なプロって、この場合は、違うのかなという感じがしていて、どうも乗り切れないんですね。

これは、私の中の思い込み、刷り込みであることはわかっています。

実践家として、先生として素晴らしい方が大勢いるのも分かっています。その人たちのことを批判しているわけではないのです。

自分自身の感覚として、今の私にはそれは合わないと、心の声が言ってるわけです。

以前にお聞きしたマインドフルネス仲間の方は、ヨガの先生をやりながら、OLも続けている人でした。

その理由がいかしていて、バランスを取るため。

ヨガにはまりすぎると、ヒッピーのようになってしまい、自給自足で社会との接点を絶ってしまう人がいるらしいです。

同じような人だけのコミュニティにこもってしまう。

その人は、それってなんか違うという感じだそうで、社会人としての常識を持ちつつヨガを教えていきたいので、あえて、OLを続けているとのことでした。

この感覚、私の感覚に近いです。

もう15年ほど前から、七つの習慣を実践しているのですが、その中で導いた私の人生のテーマの一つが、バランスを取るなんです。

そういうことも関係しているのかもしれません。

マインドフルな生活をして、行動を起こし、仕事や映画作り、農、パン作りなどできちんと結果を出していきたいですね。

では、あなたの人生が幸せでありますように。

追伸:マインドフルネスについて、引寄せについて、フューチャーマッピングについて、行動イノベーションについてなど、お役に立つ情報を週に一度、メルマガでお送りしています。ぜひ、下記から登録して下さい。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ