【お金】人生の目的が見つかる魔法の杖

こんにちは。

ストレスに対応し、幸せな心を育むマインドフルネスを中心に、人生を幸せに自由に生きるコツをお伝えしている小西イサオです。

マインドフルネスというのは、禅や仏教をベースに医療現場で開発された方法で、揺るぎない精神を手に入れる方法として、GoogleやIntelといった企業が人材開発に取り入れています。

子供が通っているお稽古事の教室の近くにパン屋があります。

普通の町中のパン屋で、個人商店です。いまどきのおしゃれなパン屋じゃなくて、イケてない感じです。が、ここの食パンが超美味しいです。

そんなパンを食べながら幸せを感じていました。

【お金】人生の目的が見つかる魔法の杖

さて先日、西田文郎著「人生の目的が見つかる魔法の杖」という本を再読していました。

人生の目的は、頭で考えずに心で感じて見つけるものだという事が書かれています。

本の中でこんな話が紹介されています。

銀座のクラブに勤める20歳の純ちゃん。企業の部長クラスのお客さんを相手にしているそうです。

社会的に見ると、成功者と言われる人たちです。でも、純ちゃんから見ると「みんな心に穴が空いているみたい」。

何のために一生懸命働いてきていたのかと、悩んでいる人が多いのです。

西田さんは、スポーツ選手のメンタルトレーングをしています。オリンピックを目指すような選手が、一生懸命、努力を続けてきたある日、燃え尽き症候群になり、急にやる気が無くなってしまう。

心に穴が空く状態です。

実は、自分の夢や願望を実現したいと思っていても、金銭的、地位や名誉、会社を大きくするといった社会的成功を目指すと、燃え尽き症候群になることが多いのです。

西田さんは、30年以上も能力開発の仕事に従事して、社会的成功を目指す人々と付き合ってきたそうですが、多くの方が燃え尽き症候群に陥るのを見てきたと言います。

なぜ、社会的成功を求めると燃え尽きてしまうのでしょうか。

それは、社会的成功というのは、幸せの中でも相対的な幸福だからです。

例えば、あなたが金銭的に成功したいと思っているとします。

現在、年収500万円だとします。いくらあれば、満足できますか?

700万円くらいでしょうか?

じゃあ、年収700万円の人は全員、幸せでしょうか?

そんな事はありませんね。

年収1000万円ほしいと思っているかも知れません。要するにもっともっと欲しいのです。

何故かと言うと、人間は慣れる生き物だからです。

また、収入に対する幸福度は、周囲の人との比較の中で決まるという調査結果もあります。

500万円でも、周囲の同じような境遇の人が300万円しかもらっていなければ、幸福度は高まりますし、周りがもっともらっていれば、幸福度は下がります。

じゃあ、世界一のお金持ちににならないと幸せにはならないのでしょうか?

それって、おかしいですよね。あなたの周りにも、お金に関係なく幸せそうな人っていませんか?

相対的幸福は、競争に勝とうという欲です。だから、周囲を蹴落とし、相手を打ちのめそうという気持ちになりがちです。

そこには、愛情や優しさはありません。

では、どうすればいいか。

内面からくる幸福を探してみてはどうでしょうか。

今あるものに目を向ける。視点をずらすことで今を楽しむ。

瞑想をしてみる。対話を楽しむ。家族や友だちと遊ぶなどなど。

物を買うのは簡単ですが、自分で作れないか試してみてはどうでしょうか。できない?やってみると意外にできるものです。

マインドフルネスが幸福につながるのは、そういった内面的幸福を追求するための方法だからです。

あたりまえだと思っている生活にも、楽しいことが隠されています。

あなたの人生が幸せでありますように。

メルマガ登録はこちらから→http://prt.nu/0/mailmagazine

imanosigoto

追伸:マインドフルネスを体験する読書会を神戸にて開催します。
詳細は、Facebookイベントをご覧ください。

https://www.facebook.com/events/1593278614289721/

Facebookをされていない方は、下記からも申し込めます。

http://www.read4action.com/rfainfo_detail.php?rfaid=1064

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  
サブコンテンツ

このページの先頭へ